!シェアご協力下さい!

家計簿の活用方法

家計簿を毎月続けることに意義はない

家計簿をつける目的が節約ならば、必ず毎月つける必要はありません。あるファイナンシャルプランナーの間でよく話題になる例に、家計簿はしっかりつけていながら貯蓄が全然出来ない家庭というのがあるのです。家計簿をつけていることで家計を『管理している気になって』節約に気が回らないのが原因のようです。

家計簿をつけることは家計を管理するために有効な手段ですが、家計簿さえつければ節約できる訳ではありません。「自分は面倒臭がりだから、家計簿なんて続けられないし…」と思っている方は家計簿の役割を誤解しています。

家計簿は継続することに意義がある訳ではありません。家族の成長の軌跡を記録する手段としてつけ続けるとか、生活の困窮具合を訴えるためにつけ続けるということなら家計簿は継続してつけることも大切でしょう。

しかし、『家計を把握したい』『貯蓄出来る家計にしたい』という目的であるならば、家計簿は3か月もつければ大体の収支の傾向が掴めます。それで十分なのです。逆に3か月で良いと思うとゴールが見えているのでそれを目標に頑張って3か月続けやすい面もあります。

ずっと続けようと最初から意気込むと、終わりのないマラソンを走るのと同じで、習慣になる前にモチベーションが萎えてしまい、3か月どころか1か月も続けられません。

家計簿

3か月家計簿を続けるコツ

1.自分に合った方法で家計簿をつける

アプリの利用

今は便利なアプリがあります。有料のアプリはたくさんありますが、無料のアプリでも家計簿Zaimはレシートをスマートフォンのカメラで撮るだけで金額を記録することが出来てとても便利です。

しかも、お金に関するイベントなどを無料で実施もしているので家計簿をつけるだけでなく活用するコツが学べます。

Excelなど表計算ソフトを活用

表計算ソフトだとすぐにグラフにするのも簡単です。前月比などの数字の比較もしやすいので表計算ソフトが得意な人には便利かもしれません。

ノートに書いて家計簿管理

ノート等に書いて管理する利点は、頂きものをしたり、親戚の子供の進学などちょっと忘れてしまいそうな忘備録を兼ねておくことがやりやすいことです。

冠婚葬祭には出費がつきものです。家族以外の親戚の子の進学や仲人をして頂いた方の好みなど記録しておくとお祝いやお中元、お歳暮選びも忘れずに迷わず準備できます。

APPストア

2.分類項目をあまり細かくしない

家計簿を3か月続けるためには、項目を細かくし過ぎないことです。せいぜい、7個位までにすると分類しやすいです。その他は便利なブラックボックスになってしまうので、項目には入れない方が分類しやすいです。分類項目の定義を自分できちんと決めておくことが大切です。

<例①>
食費
住居費
光熱費
水道料金
日用品
交際費
貯蓄

上記の場合、外食した場合は友達との外食を交際費に、1人外食を食費に入れるなどが、分類のルールとして考えられます。自分で項目の分け方を独自に考えても良いです。自分の世帯なりの項目にしたり、費用がかさんでいると思われる項目が浮かび上がる項目訳にすると便利です。

<例②>
食費
住居費(掃除道具や掃除用洗剤もここに入れる)
娯楽費(交際費がここに入れる)
公共料金(光熱費・水道代がここに入れる)
身だしなみ費(日用品のシャンプー・リンス、化粧品代、クリーニング代、散髪代等、洗濯洗剤などもここに入れる)
保険
貯蓄

上記の場合、女性で美容やファッションにかかるお金はすべて身だしなみ代に入れます。クリーニング代もここに入れることで、メンテナンス費用も合わせたファッションに関わる費用が浮き彫りになります。

レジットカードとレシート

3.毎日家計簿をつける

面倒でも、飲んで帰ってもなるべくその日のうちに、家計簿はつけてしまいましょう。溜めてしまうとレシートも結構な量になって、入力にせよ、書くにせよ面倒になります。毎日コツコツが3か月続ける1番のコツです。

主婦

家計簿を3か月続けたら見直し

家計簿を3か月続けたら、まず3か月で各項目の支出の平均をとってみましょう。季節で変動の大きな光熱費や水道代が多少は均されます。その上で、自分の家計簿を見てみましょう。

どの項目が突出して費用が掛かっているか分かりますか?家計の標準的な支出モデルを色々な専門家が提案していますが、家計のあり方は世帯ごとに特徴があって当然です。ただしどの世帯でもある程度は確保したいのが「貯蓄」「食費」です。

ポイント

貯蓄の見直し

貯蓄は毎月手取り額の中から5%~20%を捻出しましょう。もし実家住まいの独身なら手取りの50%は貯めてみましょう。人生で貯められる時とどうしても貯めづらい時があります。

特に自分の子供が大学進学時には貯蓄するどころか、貯蓄を切り崩して学資や下宿代を工面することになります。そんな特別な時以外は是非毎月少しずつでも良いので貯めていきましょう。

食費の見直し

削り過ぎてはいけない項目の1つです。他の項目はいかに削るかが大切になりますが、1人暮らしでも月に2万5千円位はかけたいところです。

野菜、肉、魚に加えて果物も旬のものなど安いもので良いので取るようにしましょう。ビタミンCを摂っておくと風邪をひきにくくなります。

1人暮らしより2人暮らしの方が食費は節約できます。自分だけでは食費や住居費が十分割けないなら、友達や兄弟と1物件をシェアして住むなど工夫してみましょう。

自炊

My世帯にぴったりのポートフォリオを考える

ポートフォリオとは、配分のことです。手取り額の配分を自分の生活に最も適したものにするには配分をよく考えないといけません。ポートフォリオは本当なら、家計の専門家であるFPなど専門家にサポートしてもらいながら作るのが理想です。

しかし、自分の生活の中でファッションが何より大事!という人と、食事は作るのも食べるのも大好き!という人の最適なポートフォリオは当然違ってきます。自分なりのこだわりがあるなら、1点豪華主義の家計の配分であってもそれはそれでよいのです。

問題は、どんな配分にしても絶対に貯蓄の配分は確保することが大事です。貯蓄分を確保して、その上で重点配分したい項目のお金を確保しながら、食費は削り過ぎない事。このバランスが取れたところがあなたのポートフォリオになります。

おかねほしい

食費は削りすぎてはいけない

食費を削り過ぎていないかどうかは、健康面で十分に睡眠をとっていても風邪をひきやすいとか、吹き出物が出やすい、口内炎が出来易いなど健康面で今一つ免疫機能が低下している場合は食生活を見直す必要があります。十分な栄養を摂らないとこうした病気にかかりやすくなります。

また、爪が欠けやすい、弱い場合もタンパク質の摂取量が不足している場合があります。肉・魚などを主菜に据えた食事を1日1回は摂りましょう。

好き嫌いも当然良くないですが、食費を削り過ぎてロールキャベツの中身にもやしを入れるという栄養面でどうかと思うアイデア料理もネット上の『節約レシピ』には載っていたりしますが、特に子供がいる家庭でそんな食事ばかりでは子供の発育に影響が出てしまいます。食費は削り過ぎてはいけない項目です。

かといって、お金をかけようと思えば天井知らずなので、各世帯の人員構成によっても異なると思います。皆が3食しっかり食べられるように配慮した献立を実現できる食費を貯蓄の次に考えて、この2つを柱にしましょう。

水道代、光熱費の節約

水道代は給湯器経由の水、つまりお風呂の水を節約しましょう。簡単でストレスが少ないのが節水シャワーヘッドです。3000円~5000円位で購入できます。お風呂で一番使ってしまいがちなのが実はバスタブのお湯ではなく、シャワーのお湯なのです。

お湯を節約すると水道代とガス代またはオール電化なら電気代の節約になります。お風呂の残り湯を使って洗濯するのは、洗濯効率の低下になります。特に汗かきの男性が多い世帯ではおススメではありません。

洗剤は皮脂を落とすように開発されていますが、お風呂ののこり湯には皮脂が混じっているので洗剤の洗浄性能を低下させてしまいます。節約も大切ですが、皮脂汚れが落ち切らずに見えない汚れが残ったままのYシャツや下着など白い衣類は全体に黄ばんだ感じになってしまい、時間が経過すると元に戻せなくなるので衣類の寿命を短くしてしまうのです。

生活費

FP協会が実施する無用体験相談会

東京、大阪など全国8か所ではFP協会が実施する無用体験相談会が開催されていますが、実施日の2か月前から電話で予約する必要があります。

FP無料体験相談会(くらしとお金のFP相談室)

開催日時

木曜日:16:30~17:20、18:00~18:50、19:00~19:50

金曜日:10:00~10:50、11:00~11:50、13:00~13:50

土曜日:10:00~10:50、11:00~11:50、13:00~13:50

日本FP協会公式サイトです。FP無料体験相談(対面相談)を東京や大阪など8カ所で定期的に実施しています。開催情報などをご紹介します。

また、対面でなくても良いなら電話での無料体験相談もあります。

http://www.jafp.or.jp/confer/kurashi_fp/tell/

いずれも無料体験相談なので、あまり個別具体的な相談には答えられないのですが、家計としての考え方について、一般的な回答が欲しい場合には利用すると良いでしょう。

スーツの女性

貯蓄の分のお金を確保したら

家計簿上の貯蓄額を確保したら、そのお金は毎月どのように貯蓄したらよいでしょうか?避けたいのはタンス預金です。火事や空き巣被害など、自宅にお金を保管するのはとてもリスクが高いことです。では、おすすめの貯蓄方法をご紹介いたします。

貯蓄専用口座を作る

面倒でなければ、給与振り込みされる金融機関とは別の金融機関に貯蓄用の口座を作って、毎月移す事です。貯蓄額が明確になる上、この口座からは引き出さない!と思えばよいのです。

今は低金利なので、一般の普通預金にせよ定額預金にせよ大差が出ない雀の涙程の利息しか付きません。流動性の高い普通預金にしておいて有利な金融商品が出たらすぐに移せるようにしておいても良いかと思います。

給与天引きを利用する

毎月口座を他の金融機関に移動するのが面倒な方は、給与天引きで強制的にお金が貯まる定額貯蓄や、財形貯蓄なども利回りが良い訳ではありませんが、自動的に溜まっていくというのが面倒臭がりやうっかりしがちな人にはお勧めです。

いずれにしても、この貯蓄は自分で決めて自分の口座で貯蓄しているので、引き出そうと思えばいつでも引き出せてしまいます。それでは貯金となって溜まっていきません。

引き出すまでの目標額を決めておきましょう。それも『ブランドのバッグが買える額まで』『欲しいカメラが買える額まで』という趣味への支出に使うのではなく、万が一の時に使えるお金として貯めるので以下のような目標が望ましいと思います。

『将来結婚しても親と同居するので、自宅を2世帯住宅にリフォーム、建て替える費用の頭金にしたい』『子供の将来の学資金に十分な額を目標に子供1人800万円ずつ』等、特に思い当たるものが無い人は、まずは100万円、次は年収分、その次は年収の2倍、年収の3倍までは貯蓄し続けましょう。

年収の3倍あると、万が一の時にも安心です。例えば会社が倒産しても余裕を持って転職活動できます。年収の3倍あれば住宅を購入したければ、そのお金で中古住宅や小さな住宅なら購入することは十分可能ではないでしょうか?

年収が300万円でも貯蓄が1000万円超の方はザラにいます。一方、夫婦共働きで世帯年収が1500万円以上でも、貯蓄が300万円程度しかない家庭もザラにあるのです。

節約

貯蓄の仕方は性格が出る、貯蓄の使い方には癖が出る

貯蓄の仕方は人それぞれの性格が反映されています。慎重な人は生活全般をとても切り詰めてコツコツ貯めます。逆に毎月はそれほど貯められなくても、ボーナスのほとんどを貯蓄につぎ込む人もいます。歩合制のお給料の人は、お金が入るのもダイナミックなら使い方もダイナミックでなかなか貯蓄出来ない人もいます。

家計簿は3か月だけつければよいと書きましたが、収入の増減があった時や、収入の増減が無いのに、お財布のお金の減り具合が早いと感じるようになったら、お金の使い方の見直し時です。

お金のポートフォリオを考えた時にはその通りに使っていても、いつの間にか財布のひもが緩んでしまっていることを疑いましょう。そんな時はまた3か月程家計簿をつけてみましょう。

もちろんずーっと継続してつけるのは良いことですが、家計簿は記録することが目的ではありません。家計簿は活用して初めて意味があるのです。自分のお金の使い方の癖を把握出来れば家計簿はずっと続ける必要はありません。

笑顔