!シェアご協力下さい!

家計管理を簡単に!

家計簿は長続きしない

家計の管理と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「家計簿をつける」ことではないでしょうか。収入に対していつ何にいくら支出したかがさっぱりわからなければ、給料日直前に銀行の残高を確認したらほとんど残っていない、定期預金担保による自動貸付で赤字になっていたなんてことになるのも、当然と言えば当然かも知れません。

我が家もしばしば銀行口座の残高がマイナスに陥る場合があり、ボーナスでなんとか赤字分を回復してといった状況が続きましたので、これはなんとか改善しなければならないと考え、定石通り家計簿をつけることにしました。

小さい電卓

しかし、決意をしたその月こそ頑張って細かく家計簿をつけることは出来ましたが、根気や忍耐力がないと言われればそれまでですが、だんだんと面倒になってくる訳です。その内、家計簿自体が不正確になってきて、家計簿上の残高と実際のお財布の残高、もしくは銀行の残高が一致しなくなりました。

そうなると、つまり支出を管理してマイナスを出さないようにするという目標が達成できなくなり、家計簿をつける動機が低下してしまい、ますますマメに家計簿をつけなくなり、数ヶ月で挫折してしまいました。

それではいけないと考え、家計簿を作成するために便利だと言われているPCのソフトを購入してみたり、家計簿に関する本を読んだり、家計簿をつけている主婦の方のブログを読んだりと、様々な工夫をしてみましたが、結局どんな方法や工夫を施してみても、やはり家計簿づけは長続きしませんでした。

オーマイガー

長続きしなかった理由を分析

ただ、家計簿の作成に何度かトライした経験そのものが無駄だったかというと、そうではありません。こうした家計簿作成が長続きしなかったことが、後述する家計簿管理法発見にも繋がったと言えます。

家計簿の作成は長続きしない、どうやら我が家では無理だという結論には至ったものの、根本的な問題である家計のマイナスを改善するという問題は放置されたままの状態ですから、「なんとかしなければ」という思いだけはあった訳です。

そこで、反省の意味も兼ねて「なぜ家計簿の作成が長続きしなかったのか」を考えてみることしました。すると、大凡次のような理由であることがわかってきました。

・領収証やレシートを紛失してしまう
・レシートでは何に支出したかわからない
・記憶を辿って家計簿を作成することが苦痛

またこうした理由を検証した結果として、レシートはレシートを発行する店舗によって異なるだけでなく、数字だけしかわからないものもあり、これは家計簿を作る側だけの努力では解決しようがないということ。

もっと言えば、家計簿の作成が嫌になったのではなく、家計簿を作成するための支出情報把握に苦労や不確定要素が伴うことで嫌になっていたということに気付くことが出来たのです。

従って、支出項目を詳細に管理することは理想的であるし、やった方が良いに決まってはいるけれど、そこに拘ってしまってはいつまで経っても家計は管理出来ないということを結論として導き出しました。

発見!

簡単に家計管理する方法

そうした結論、即ち支出側の細かな管理は無理となった以上、必然的に目を向けることになったのが「収入」の方です。とはいえ、「収入を増やす」という選択をした訳ではなく、収入を数字として捉え、それを管理するということでいろいろとその方法を探ってみました。

その結果発見したのが、収入があったその日に収入を10以上の袋に仕訳して管理する、名付けて袋小分け管理法です。方法の概要は次の通りです。

①支出項目を「食費」「日常用品」「学費」「交通費」「遊興費」「臨時支出」等、家計の状況に応じて大きく10前後に確立させます。

②収入額の何%をそれぞれの支出項目にあてるか、つまり月の項目ごとの予算を調整しながら決めます。

③収入があったら、貯金したい額だけ残して全額引き出し、①で決めた支出項目と予算の金額を書いた封筒に、②で決めた割合の金額に応じたお金を入れていきます。

方法としてはこれだけです。領収証やレシートの管理は一切行わないため、とっても簡単です。あくまで袋の中身の状況だけで、支出をコントロールするという方法です。

お礼金

この、いわゆる袋分けといわれている方法はオーソドックスな方法でもありますが、支出項目を考える際にかなり時間を費やしました。

支出項目の数は、家計の状況やライフスタイルによって多少の調整が必要となりますが、多すぎると管理が複雑になり、少なすぎると家計のコントロールに役立たなくなりますので、経験上10前後が適性ではないかと考えられます。

主婦

項目ごとの予算を簡単に把握可能

この方法の良いところは、今まで仮に月の収入が30万円としたら、30万円トータルの支出が月々どうなっているのか見るのではなく、食費という項目が予算6万円として、10日経過した時点で6万円がいくらになっているかを把握できる点にあります。

例えば10日経過して残金が3万5千円なら、だいたい10日で2万円のペースでの支出が理想だから5千円オーバーしている、従って次の10日は1万5千円程度に食費をおさえようといったことが、数字が小さくなることで計数的に掴めるようになる点が特長です。

しかも、この方法は面倒なレシートや領収書集めが不要ですし、その細かな数字を一つ一つ拾っていく手間も必要ないんです。言ってみれば10前後の袋の中身を定期的にみて、予算額に対する残高をチェックするだけ。

これで家計管理が格段に楽になり、またマイナスに陥りがちだった家計もコンスタントにプラスになるようになりました。家計簿の細かな支出項目の記載で失敗してしまったという方は、ぜひ袋での収入管理方法を試してみて下さい。

ポイント