!シェアご協力下さい!

定期預金の種類、メリット

預貯金の種類

おそらく、みなさんも何かしらの銀行口座を持っているのではないでしょうか。まずは、預貯金についてその種類をご紹介いたします。

金融機関により、少しずつ内容に違いがありますが、一般的には預入期間について大きく分けると、普通預金と定期預金の二種類があります。普通預金は、いつでも出し入れ可能な預金で、お財布代わりといったところでしょうか。給与振り込みや電気ガス水道などの支払いなど、日常生活で必要な経費の管理がしやすい預金です。

定期預金は、すぐには使わないお金などの資産としてのお金を管理したり、増やしたりする目的で、一定期間ある程度のまとまったお金を預けるものです。どちらも元本が保証され、利息がつき、わずかながらも増えるものがほとんどです。

さらに、普通預金と定期預金を合わせたような機能を持つ、総合口座というのもあります。銀行によって内容の設定に違いがありますが、普通預金で支払いの際にもしも残高が不足している場合は、定期預金から補うなどの特徴があります。

他にも、企業などの法人を対象にした当座預金、普通預金と定期預金の中間の特徴を持つ貯蓄預金、1,000万以上から始める大口定期預金、毎月決まった額を積立てていく積立定期預金などがあります。

手の中のお金

元本保証の定期預金

一般的に、まず普通預金から、そしてある程度貯まってから定期預金へと口座を開設していくことが多いでしょう。ほとんどの企業が給与振込のために必要となっていますし、その他水道光熱費など毎月支払うのは意外に面倒で手間のかかるものです。

口座から引き落としされれば、そのための時間を割くなどのわずらわしさもなく、大変便利です。支払ったあとの残高に対して、利息がつくわけですから、少額と言えども増えていきます。普通預金よりも、定期預金のほうが期間も長い分、利率が高めです。

しかし最近は、普通預金も定期預金もその利率がだいぶ低くなっていて、どちらもあまり資産を増やすという意味ではほとんど期待できません。そのため、安定した貯蓄そのものよりも、大きく資産形成を目的としたさまざまな金融商品が出てきています。

例えば、株式投資、公社債、投資信託、NISA、FXなど、ある程度専門知識が必要なものから、初心者でも比較的入りやすいものまで多種多様です。しかし、これらは、元本保証がなく、リスクを伴うもので、やはりなかなか難しいものです。

それに比べると、やはり、定期預金は確実に元本保証がされているため、安心です。多くを求めなければ、確実に手元に残るというのはメリットの一つでしょう。今や、大きく増えることはないですが、元本はそのままに、少額ながらも確実に増えることになります。

投資

定期預金の種類

定期預金は金利について分けた場合、二つの種類があります。預けた時の金利がそのまま適用される固定金利型と一定期間ごとに変更される変動金利型です。どちらも始めるときに、ある程度まとまったお金を預けるという共通点があります。

その他、始めの預け入れの金額によっても、種類が違うものがあります。始めに1,000万以上を預ける大口定期預金と、毎月少しずつ同じ日に積立しながら、目標額をめざすという積立定期預金です。

大口定期預金は退職金などまとまったお金を預ける際に便利で金利もよく、積立定期預金は進学のための費用や住宅の購入資金、長期の旅行などを目標として預けるために最適です。

家計簿

積立定期預金のメリット

この預金のメリットは、何といっても、手元にまとまったお金が無くても、毎月少しずつ積立できるということではないでしょうか。

毎月、ATMや窓口で現金を振り込むなどのほか、普通預金の口座から期日が来れば自動的に振替することもできます。自身で決めた額ですので、少額からでも無理なく貯蓄できるというのは最大のメリットです。

もちろん元本も保証されています。設定されている毎月の積立金額は、銀行によって多少の違いがありますが、金利は積立ごとに確定され、据置期間を経過した日が満期日となります。

お小遣い程度から始められるのは、とても気軽で始めやすいでしょう。なんとなく使ってしまいがちなお金も、気づけばいつの間にか貯まっているというのは、大変うれしいものです。また、銀行によって、内容に特徴があるので、自分のライフスタイルに合った銀行を探してみましょう。

定期預金には、いろいろな種類があり、また始めるときにそれなりのまとまったお金が必要なものが多いですが、なかでも積立定期預金の場合は、毎月無理のない範囲で始められるお手軽なものです。

なんとなく使ってしまいがちな金額のお金を少しずつ積立してみるのも、将来の目的のためにはとても有意義なことになると考えられます。ぜひ、トライしてみましょう。

積立