!シェアご協力下さい!

定期預金とは

定期預金とは

定期預金とは簡単に説明すると、定期的に一定の金額で預金する事を言い、その預金先となるものには、銀行や郵便局などの金融機関があります。普通預金より金利が高いのが特徴です。とはいえ、近年ではデフレの状態が長く続いている影響で、昔よりもかなり金利が低く設定されています。

定期預金は期間が長ければ長くなるほど、その金利が上がる仕組みで、基本的に満期になるまでは預けた預金を下ろすことは出来ません。どうしてもお金をおろしたいた時は中途解約も可能ですが、解約を行った場合は開口当初の高い金利は適応される事なく、ペナルティにより大幅に下がってしまうため注意が必要です。

積立

定期預金のメリット

定期預金する事のメリットは勿論あり、まず預けた預金は解約しない限り、引き出すことは出来ませんので、貯蓄金として一定期間キープできるというメリットがあります。契約期間後に大きな買い物があるなど、計画があるのであればその間の金利が上乗せされますので、通常預金よりも金利分がお得な利息となり還元されます。

また、途中まとまった金額が必要になった際には、その定期の預金は解約せずに、担保として借り入れを行う事ができますので、解約せずに現金を利用する事も可能になっています。現在はこの定期タイプと普通預金では、デフレで金利自体が低く短期間ではほとんどメリットがありません。

つまり、一定期間まとまった金額を預けるのであれば、金利が良い頃に預けるのが一番適していると言えるでしょう。しかし、金利がいつが最高値であるかの判断も難しく、10年満期で申し込んだら、2年後に金利が倍増したという事もありうるわけです。しかし、一旦預けておけば家に泥棒が入ろうと、火災が起きて全焼しても預金は無くなりませんので、その点金額は保証されているものと言えます。

ガッツポーズ

定期預金のデメリット

定期預金とは満期になるまでは解約を行わない限り、引き出す事が出来ない預金となります。つまり満期になるまでは、その金利の恩恵にはあずかれない訳で、予定外の支出があった場合には解約するしか手立てが無いのが現状です。

また数年と長い間の満期預金の場合ですと、預けた際の金利が普通預金よりも、低くなってしまう場合も考えられますので、社会の経済情勢をしっかりと見定めておかなければなりません。

デメリットはこうしたものですが、期日指定預金と言うサービスも存在し、この商品は一定期間を過ぎれば、満期の期日を自由に変更できるというものです。こうした預金は、大幅に金利を受けるというギャンブル性は無いものの、安定性がありますのでリスクを回避する上では、最も安定した運用方法と言えるでしょう。

仮に不況で銀行などが破たんしても、日本の法律では1000万以内までの元本は保証されるという、預金保険制度の対象の商品となっていますので、安心して預ける事ができます。また、こうした一定期間預けるタイプの預金は、各金融機関によっても大きく金利が変わっています。

お金の雨

金利の良い定期預金

一定期間預けるタイプの定期預金とは、何も既存の郵便局や銀行だけではありません。現在金融緩和政策によって、複数の新たに参入してきた銀行、ネット銀行や地方銀行によるインターネット支店では、金利の割合が通常の銀行などと比べて、非常に利回りの良い商品などが存在しています。

現在デフレ経済を打破する為に、日銀のマイナス金利導入によって2017年3月現在、普通預金の金利が都市銀行で0.001%、預け入れ期間1年の定期預金でも0.01%と非常に低金利で、定期預金に預け替えないという人もかなり多くなっています。

しかし、一方で高金利で預け入れできるタイプの銀行もあり、1年物でも高金利の商品がある事が注目されています。100万円以下の1年物では0.100%、100万円以上の商品では、0.150%と言う高金利の商品を見る事ができます。

なかでも某スーパーなどを経営する銀行では、普通預金に金利を上乗せするという方法で、キャンペーン中であれば年0.120%というネット銀行に匹敵するような、高金利が注目されています。さらに3ヶ月ものが年0.500%という人気商品を売り出した銀行もあります。

デフレ社会では、あまり人気の無い定期預金ですが、目の付け所を変えると、金利以外にもポイントがもらえたり、系列会社を利用する事で、メリットがある場合も多いものです。また指定のATMを使う事で、手数料が無料になるなどトータルで見ると得する事も多くあります。

節約