!シェアご協力下さい!

学資保険のメリットデメリット

学資保険とは

学資保険とは簡単にいうと、子供の教育費などに掛かる資金を補助する事を目的とした保険で、契約した保険料をきちんと支払い続ける事によって、教育に掛かってくる資金が必要になる時期に、給付金としてまとまったお金を受け取る事ができる保険の仕組みなのです。

近年少子化の影響で、子供たちの高学歴化が進んでいますが、子供たちを大学まで行かせる為には、かなりの教育費の負担が親御さんには掛かってきます。そしてこの負担を減らす目的で作られているのが学資保険の目的で、教育費がかかる入学時期に合わせて、満期になるまで成長祝い金の名目で、お金が受け取れる仕組みとなっているものが多いと言えるでしょう。

ただし、学資保険は強制ではなく、任意の保険ですので保険会社によってそれぞれ内容も千差万別であり、生命保険などのオプションを組み合わせたりなど、様々な商品が提供されていますので、ご自分のご家庭にあったプランを探し出さなければなりません。この学資保険の特徴は、主に祝い金や満期学資金として、契約時のプランによって子供の年齢に合わせて、給付金として受け取れるものなのです。

スタディ

教育費はいくらかかるのか

子供を出産して初めてかかる教育費は、幼稚園や保育園となります。小学校や中学校は日本の場合、義務教育制度が行われていますので、負担が少ないように思えますが、ノートなどの文房具やバッグなどの学用品に制服や教科書など、すべて親が購入しなければならない学用品と言えます。

また、私立などでは当然学費や授業料は高く、寄付金も納めなければならない事もあり、その負担率は公立の学校とは比べるべきものではありません。2016年に文部科学省の発表した学習費調査では、幼稚園に3歳から通い高等学校第3学年までの、15年の教育費を単純計算したものがありますが、全て公立学校を通った場合は523万円、全て私学の場合には1,770万円もの教育費が必要な事がわかっています。

また、多いパターンとしては私立の幼稚園と高校を組み合わせた場合は、784万円が教育費として掛かってきます。更に大学へと進学する場合には、昼間部大学学部の1年間の学費として、国立で673,700円、公立で682,100円、私立だと1,319,700円と平均値はかなり高いものです。ただし私立は大学により、その差は大きいものです。

家計簿

子供が巣立つまで

子供が社会人として成長するまでに、これに掛かってくる教育費は、高校まで効率に通った場合、大学まで行かせるとなると、国公立で800万円以上、私立だと最低でもでも2500万円以上が教育費として掛かってきます。

これらは、学校教育費や学校給食費に学校外活動費として、クラブ活動などその他の学校外活動費や、参考書や塾などの補助学習費をまとめたものであって、教育費以外にもお子さんに掛かってくる費用は多くあります。

ある大手保険会社の調べでは、この教育費に加味された実費として、お子さんが生まれてから社会人となるまでの費用を算出したデータもあります。このデータは、子供を出産し大学まで行かせ、社会人になるまでの費用を合計した平均値を表したものです。

データによると、出産から22年間を合算したもので、出産育児費用、食費や衣料費におこづかい、美容費や子供の私的所有物に医療費や保険料などを合算した合計になります。これによると、幼稚園から高校まで公立で大学が国公立の場合約3000万円、大学が私立の場合で文系や理系で差がありますが、最低でも3200万円以上がかかり、医大や歯学ですと6000万円以上がかかるとされています。

桜

学資保険のメリットとデメリット

まず学資保険のメリットですが、保険料を積み立ての形で支払い続ける事で、教育資金を貯めていけますので、貯蓄性に優れいているという点が挙げられるでしょう。また、デフレ状況の社会状況を加味すると、定期貯金よりも利率が良いという事が挙げられます。

万が一契約者である親が亡くなったり、病気で収入が途絶えてしまった場合には、その以降の保険料が免除となり、さらに満期金も受け取ることが可能なので、定期預金にはない魅力だといえるでしょう。

また満期金は一時所得扱いとなりますが、所得税の対象として50万円以下は無税となりますし、所得税や住民税などの税額控除が受けられる事は大きいです。一方デメリットとして挙げられるのは、予定利率が固定されていますので、インフレには弱いという事です。

基本的に10年以上契約する事が多い保険ですので、長期的に資金が拘束される事で換金性が低いという事もあり、途中解約をすると元本割れする可能性もあります。また契約元の保険会社自体が、無くなる可能性も否定できません。

学資保険のデメリットも踏まえ、加入する事をお薦めしますが、この保険の特徴としては、契約者の性別や年齢によって保険料が変わりますので、契約者である父母が同じ年齢なら、母親を契約者にした方が保険料を安くできるという事も覚えておいてください。

主婦