!シェアご協力下さい!

学生でも持てるクレジットカード

学生でも持てるクレジットカード

多くのクレジットカードやキャッシングカードの場合、未成年であっても支払い能力さえあれば、カードの作成が可能となります。ただし、働いていない学生の場合は、基本的に収入がありませんので、審査が通らない場合も多く、お困りの方も多くいたのではないでしょうか。

そこで、学生用に出来てクレジットカードシステムが、学生ローンという方法で、18歳以上の未成年の学生を対象としたローンです。審査の基準も学生が借りやすい基準であることは間違いないのですが、アルバイトによる収入などがあると、審査にも通りやすいとされています。

学生ローンのメリットは、返済に行った場合の対処方法にあると言えるでしょう。学生とは言え、世間に認められたクレジットシステムを活用するのですから、返済が滞ってしまっては、ブラックリスト入りは免れません。

いったん、ブラックリストに登録されてしまうと、次にクレジットカードを容易には作る事ができなくなりますので、長い人生損してしまうリスクが付きまといます。学生ローンでは、返済に困った場合に利息分だけ返済可能な、柔軟な返済ができる事も大きなメリットなのです。

困った顔

学生ローンと奨学金

学生ローンは、18歳以上の学生に限定されたクレジット制度ですが、学生であれば20歳を超えていても利用できるというメリットがあります。ただし、収入ありきの審査方法を取っている会社が多く、何らかの収入源を持っていなければなりません。

学生の身分でお金を借入する方法はもう一つあり、それが奨学金制度というもので、学生であればこの制度を利用して、融資を受ける事も可能となっています。この奨学金制度は、学校に通う為の資金をサポートする為のものですが、その種類も借り入れ方法によって3つ分類されています。

1つ目は借入奨学金で、日本学生支援機構などが貸与型の奨学金で有名なのではないでしょうか。金利は3%から4%と低金利ですが、卒業後には返済が待っており、社会に出る前から負債を抱えている為に、就職できない人達の間では大きな問題になっています。

次に稼ぐ奨学金ですが、新聞奨学生が特に有名でしょう。学生時代の4年間だけではなく、2年は新聞奨学生、残りは他の奨学金でカバーするなど、自由な組み合わせを行えます。また、一部の成績優秀者のみ利用できる制度が、給付型の奨学金ですが返済する必要はない為に、競争率は当然高いものとなっています。

勤勉

学生ローンの申込方法と審査

学生ローンの申し込みは、会社が特定の場所にある為、出向く事ができなことを想定していますので、基本的にインターネットで行うようになっているものです。

申込に際して、身分の確認に必要なものとして、学生証は必須でそのほか、運転免許証かパスポートあるいは保険証などの提出が必要になりますが、デジカメかスマホで写真撮影し、画像データによるメールで送付可能です。

後は申込用紙に基本事項を記入するだけですが、虚偽の書き込みは必ず却下されますので、充分注意しなければなりません。またアルバイトを行っていれば有利に働きますが、携帯電話などを所有する必要があり、申し込み後には電話連絡によって確認作業が行われます。

金融機関同士は、情報の交換が行き届いていますので、ローンや借り入れを行っている場合には、正しく申告しておかないと審査が通らない事になります。

審査に通過すれば、借り入れ可能になりますが、注意しなければならないのは、銀行振り込みのみとなる事です。融資枠の上限については、バイト収入でどれだけ収入が得られているかによっても変わってきます。

評価する人

クレジットカードの注意点

基本的に学生がもつクレジットカードは、融資額が低く設定されている事が多いのですが、融資上限が原則50万円と、学生が利用するには高額とも思える設定額です。つまり、この金額内であれば、自由に買い物ができるわけですが、決まった返済日には必ず返済しなければならないもので、後払いの借金システムという事を、充分頭に入れておかなければなりません。

カードの利用限度額については、設定も可能となっていますので、盗難や紛失のリスクを考えるのであれば、利用額は低く設定しておくのも、一つの対象方法として有効です。また利用しているカード会社によっては、別枠でキャッシングサービスが付与されているものがあります。

キャッシング別枠の借り入れとなりますので、実質上限が増える事にもありますので、キャッシング機能を使わないのであれば、設定を0にしておくという方法もあります。ともあれ、返済不能など金融事故を起こしてしまうと、今後の社会生活に支障をきたす事になり真似ませんので、ご利用は計画的に行いましょう。

クレジットカードは、学生でもアルバイトを行っていれば、意外に簡単に契約する事ができます。しかし、消費者金融業者などは、銀行系と違い金利が高いので長い目で見ると、かなり損をする事も多いのです。