!シェアご協力下さい!

外貨預金とは

外貨預金とは

外貨預金とは、外国での通貨で預金をする事を意味したもので、日本国内では円建てによって預金を行っていますが、これを外貨建てで行う預金の事を意味したものです。外貨には皆さんおなじみのドルやユーロなどがあり、ほかの国も外貨も預金として扱う銀行などがあります。

外貨預金とは、外貨によって預金を行う方法で、日本の預金と同じように、元本と利息が保証されていないのがその特徴と言えるでしょう。日本の預金よりも、この外貨建ての預金が注目されるのには、それなりの理由があります。

現在日本は、デフレ経済によって、金融庁がマイナス金利政策を打ち立てています。これはバブル経済やリーマンショックの影響で、日本経済は20年以上の長くに渡り、経済の低迷状態にあり、これを失われた20年や30年とも呼ぶ者もいます。

こうした低迷期には、中小企業を始め、大手の企業も設備投資がしにくいものでした。金融関係も不況になると、手のひらを反す様に貸し出しを渋る為に、こうした状況を打ち破る為に金利を引き下げたのです。

金利を下げて、その恩恵を受けられるのは借りた側のみで、預金しても金利が低い為に、日本の銀行ではデフレを恐れて、目減りを防ぐ為にこの外貨預金が注目されたのでした。

外貨預金は、外国の通貨に変えて預金を行うもので、具体的には円をドルなどに変えて預金するものです。海外の通貨は金利が高い為に、現在注目されている投資方法の一つになっているのです。

為替

外貨預金のメリット

現在日本の金融機関では、借りる場合には金利が安く助かりますが、逆にまとまった資金を増やそうとしても、銀行や郵便局などの金融機関に預金しても、金利はほとんど付きません。そこでこの外貨預金が注目を浴びていますが、どのようなメリットがあるのでしょう。

外貨預金のメリットには、まず日本よりも高い金利で預金ができると言う利点が存在しています。よく円高や円安と言う言葉を耳にしますが、これはドルと比較してのもので、ドルより価値が高いと円高、ドルよりも価値が低い時には円安と言う傾向になります。

つまり外貨預金の場合は、相手先の外貨を購入する事と同じ意味になりますので、円安になれば差益によっても預金の残高が増えていく事になるわけです。したがって、日本の円の価値が下がった場合、外貨を抱える事で財産の目減りを抑える事ができるわけです。

金融機関が取り扱っている外貨には、様々な国の外貨がありますが、米ドルやユーロだけでなく、オーストラリアドル、ニュージーランドドルや南アフリカランド、人民元にブラジルレアルやトルコリラなどの商品があります。

グッド

円高と円安の関係

外貨には円安や円高の様に、相手国の通貨に対して弱かったり強かったりする場合がありますが、これは何を意味しているのでしょう。国の通貨というものは、そのままその国に対する信頼性や、信用度に関わっているものです。

円で説明すると、日本の国の世情が安定して、経済的にも安定していると見れば、円を持っている事で財産が減るリスクが少なくなりますが、この時円が大量に買われる事になりますので、これが円高を生んでいるのです。

逆に円よりも信頼のある通貨があれば、そちらに資金が流れていき、円も引っ張られる様に円安になって行きます。100円を基準にすると、99円では1円の円高で101円では1円の円安という事になりますが、円高は外国の品物を輸入する際に、得をする事になりますので、円が低いほど強いという事にもなる訳です。

したがって輸入で儲かるのは、円高という事になり、輸出で儲かるのは円安の時となります。輸入だけでは消費するだけですので、経済が潤う事はありませんが、輸出をする事で外貨を得る事ができますので、円安の現在経済が持ち直している理由が良くおわかりでしょう。

初心者

外貨預金のデメリット

外貨預金は一つの金融商品として、デフレ社会の日本では人気の投資方法の一つになっています。基本的に政情不安がある国の外貨は、金利が非常に高く非常に魅力的に見えます。しかし、高金利に惑わされてその国が一歩世情不安に陥ると、一気にその信用が減り持っている外貨の貨幣価値も、下がって行く可能性があります。

その為に、外貨の価値が下がると為替レートの影響で、外貨が安くなってしまいますので、円に戻した際には実質的に元割れを起こしてしまうというリスクを伴います。また、外貨預金はペイオフの対象外ですので、預けた銀行が万が一倒産してしまうと、預金が戻って来ない恐れもあります。

したがって、ひとつの銀行にすべての財産を預けるのは、非常に高いリスクを伴ないますので、分散して投資を行うという方法がよくとられます。外貨と言う性格上、必ず為替差益で損をする事があるという事を踏まえて、投資を行わなくてはなりません。その為に外貨預金を行う際には、一つの外貨だけではなく、複数の外貨預金を組み合わせていく事でリスクを減らす事ができます。

ダメ!