!シェアご協力下さい!

国からお金を借りる

金利の比較

みなさんは生活費や買い物などでお金が必要となった際、どのようにしてそのお金を準備しますか?こういった場合に便利な存在となっているのが、消費者金融やクレジットカード、キャッシング、カードローンです。確かに一時的に必要となったお金を準備するのには丁度良い便利な存在です。

ただし、そういったところでお金を借りるにはデメリットとなる点があります。その一つが金利が高いということです。生活に困っているような場合では高い金利の融資はその後の生活を苦しくしてしまうことになりかねません。便利だといっても借りたら返さなければなりません。

金利が高いような融資の場合には生活を苦しめることになりますし、特にもともとギリギリの生活を送っていたような場合には一時的にはしのぐことができても、先が見えてしまします。このようなことにならないためにも、お金を借りる際には慎重になることが大切です。

おかねほしい

公的融資とは

お金が必要となった際に、まず考えてほしいのが公的融資です。公的融資とは国や地方自治体など行政で準備されている融資のことになります。カードローンや消費者金融に比べると低い金利で融資を受けることができますから、生活に困っているような場合にはまずはこちらを検討することをおすすめします。

公的融資は国で行っているようなものもあれば、それぞれの自治体で行っているものもあり、どこの地域でも利用することができます。まずはどのようなものがあるのかを調べ、あなたが利用できるものを探しましょう。

代表的な公的融資としては、生活福祉資金貸付制度があります。他にも、求職者支援制度などいくつもあり、あなたに合った制度を探してみると良いでしょう。

桜

生活福祉資金貸付制度とは

生活福祉資金貸付制度は、国が行っている制度とはちょっと違ったものとなっており、運営しているのはそれぞれの地域にある社会福祉協議会となります。社会福祉協議会はそれぞれで運営されていますが、法律によって設立されていますから、公的融資と考えることができます。

この制度にはいくつかの種類がありますが、生活に困っているということなら生活支援資金となってきます。もちろん誰でも利用することができるものではなく審査もありますが、銀行などで行われる返済能力があるのかといった審査ではなく、その制度を利用する対象に当てはまるのかという審査となります。

この制度では保証人がいるような場合には無利子となり、そうでない場合でも1.5%の金利ですからかなり低金利となります。審査には2週間程度必要となることもありますから、ギリギリまで我慢するということではなく余裕をもって相談することが必要です。

介護

求職者支援制度とは

公的融資の一つに求職者支援制度があります。これはハローワークで取り扱っている制度となりますが、生活福祉資金貸付制度は生活に困っているといっても収入のないような場合には融資を行うことができません。あくまでも働いていても生活に困っているといったような状態に摘要となります。

では収入がないような場合にはどうしたらよいのか、まずは仕事を探すことが必要となりますが、その時に有効となってくるのがこの制度となります。この制度では就職するために必要となってくるスキルを身に着けるための講座などを無料で受けることができるという制度となります。

受講料だけでなく収入がなかったり少なかったりする場合には、月額で10万円の手当てを受けることもできます。この場合に受け取る手当は、融資とは違いますから返済の必要はありませんし、その手当だけでは難しいという場合には融資になりますが、求職者支援資金融資も準備されています。

やったー

年金担保貸付制度とは

年金担保貸付制度とは文字通り、年金を担保としてお金を借りる制度です。年金を担保としてお金を借りることは決して珍しいということはありませんが、これも公的融資であるのかそうでないのかで全く違ったものとなってきます。

担保となっている年金のほとんどを返済に充てられ、またその年金を担保にするといった悪循環を狙っているような業者もありますから注意が必要ですが、公的融資であれば安心です。

年金をもらっている場合にはすでに仕事を行っていないことが多いため、返済にも年金があてられることになります。しかし、急な入院などお金が必要となることはいろいろと考えられますから、そういった場合には独立行政法人医療福祉機構が窓口となっている年金担保貸付を利用することで1.6%の金利で返済は年金からの融資を受けることができます。ただし、これ以外の年金を担保としている融資は危険ですから絶対に避ける必要があります。

公的融資のすすめ

生活に困ったりすることでお金を借りることを考える場合にはまずは公的融資を考えることが安心です。金利が安いということももちろんありますが、それだけなくそれぞれの状況に合わせて利用することができそうな制度なども紹介してもらうことができます。

公的融資は国からお金を借りるというだけでなく自治体などでも融資までは行っていなくても何らかの支援を行っていたりしますからきちんと相談してみることが何よりも大切なことにあります。

お金に困ったということで安易に融資してもらうことを考えるのも無理のないことですが、返済を考えその後の生活を考える必要がありますからまずは便利にすぐお金を手にするということだけでなく金利など考えて公的融資を検討してみましょう。

ガッツポーズ