!シェアご協力下さい!

国金の審査

国金の審査は通りやすい?

国金の審査は銀行よりも通りやすいということが言わていますが、実際に銀行よりも通りやすいのでしょうか。国金は、現在日本政策金融公庫という名称となっていますが、以前は国民金融金庫の名称であったため、現在も国金という呼び名で呼ばれています。

国金は政府系の金融機関となっていますから、民間の金融機関である銀行などの審査とは少し意味合いが違ったものともいえます。審査の意味合いが多少違うということもあり、融資を受ける側からすると審査が通りやすいという印象となっていますが、実際には審査が緩いというよりも銀行とは違った基準で審査をすると考えた方がよいでしょう。

銀行など民間の金融機関での融資の審査で重要となるのが、返済能力があるのかどうかということになります。そのため、返済が難しくなった時の保証として担保を設定したりします。もちろんそれまでの実績も重要なものとなってきますから、これまでの融資で返済がきちんと行われているのかといったことや事業の状態などが返済できるのかを判断するために重要なものとなります。

国金の場合であっても融資を行うということは、税金が使用されるということになりますから、むやみやたらと融資を行うようなことはできません。銀行と同じように返済能力があるのかをしっかり審査されることになりますが、それだけでなく国金の場合には、中小企業や個人事業を応援するという意味もあるため、その点では銀行とは融資の審査に違いが出てきます。

オーデション

国金の審査のポイント

国金の審査のポイントとなっているのはどのような部分なのでしょうか。国金の審査では返済能力があるのかということももちろんありますが、それだけでなく、事業計画や事業の内容、また担保や保証人という部分が重要な審査のポイントになります。

また、自己資金がどのくらいあるのかということも重要なポイントとなります。例えば設備投資を行う場合に融資を受けるといってもその全部を融資で賄うというような場合には融資が難しくなることもあります。

ではどのくらいの自己資金が必要となるのは状況によっても違ったものとなってきますが、必要な金額の半分程度を自己資金で準備することができれば融資もかなり受けやすいものとなります。

必ずしも自己資金が半額以上ないと融資を受けることができないということではないのですが、少なくとも自己資金がない状態では事業を行う意思を感じることができないという判断ともなりかねませんから、自己資金の準備は必要となります。

評価する人

事業計画書では何を見られるのか

国金から融資を受ける際のポイントとなってくるのが、事業計画書となります。事業計画書は国金だけでなく銀行でも提出することになりますが、これがとても重要です。

これまで国金に融資の申し込みなどを行ったことがない場合には事業計画書といってもどのようなものを出すのかよくわからないでしょうが、国金に提出する事業計画書は1枚の紙に必要事項を記入して提出することになります。

1枚の事業計画書から国金は事業がきちんと利益の出るものであり、返済も行うことができるということを判断することになりますから1枚とはいってもとても重要な審査材料となります。言い訳は許されず、必要な情報のみとなってくるということになります。1枚の事業計画書の中にしっかりと事業を継続させることができるということを記さなければならないのです。

いろんなグラフ

面接も重要

国金の融資の審査では面接が行われます。融資の申し込みを行ってから2週間程度で面接の日程が決まり、実際に担当者と面接を行うことになりますが、この面接もかなり重要な審査となってきます。話をするだけだろうという程度に考えている人がいますが、実はこの面接で信頼することができる相手であるのかが見られていますから、審査にも大きく影響してきます。

面接では人柄ということもありますが、何よりも事業を行うことができる能力を持っているのか、またこれまでの経歴など事業に対する意欲などが見られることになります。とりあえず話をすればいいのか程度に考えるのではなく、国金の審査の面接は、しっかり意欲を持って臨みましょう。

国金の審査は緩いというイメージを持っているという人も少なくないようですが、実際に緩いというよりも銀行とは審査の基準が少し違っているということになります。基本的には返済能力があるのかということも重要な要素とはなりますが、それと同時に重要なのが事業主が事業を継続させる意思をきちんと持っているのか、またその能力があるのかということも重要なポイントとなります。

面接中