!シェアご協力下さい!

国金とは

国金とは

国金と聞いてすぐにわかる人というと事業主が考えられます。というのも国金は日本政策金融公庫のことになり、事業に対しての融資をメインとして取り扱っている政府系の金融機関の一つとなっているためです。事業を行っている人などはお世話になったことがあるという人も多くなりますし、検討したことがある人は多くなります。

もともと国民金融公庫の名前で知られていた機関となりますが、その後国民生活金融公庫に名前が変更となり、現在では、日本政策金融公庫となっています。

事業を行っている人の利用がメインとなっていますが、事業に対してだけでなく個人に対しても融資を行っており、実際に取り扱っている個人融資として教育融資があります。これのみが対象となりますからやはり個人では知らないという人も少なくないのも無理のないことです。

桜

国金を利用するのはどんな人?

国金は事業を行っている人が中心に利用していますが、事業の内容に関してはかなり多彩なものとなってきますから、中小企業の場合もあれば農林漁業の人、またこれから開業しようとしている人などとなってきます。つまり何らかの事業を行う人がメインとなって利用しているということになります。

なかなか一般の人が利用する機会は少ない金融機関と考えることができますが、事業を行っている人によっては低金利で資金を調達することができる可能性がありますから大きな魅力を持った機関でもあります。

スーツ

国金は無担保、無保証人が可能?

国金なら無担保、無保証人ということで理解している人もいますが、実際には必ずしも無担保、無保証人ということではありません。確かに無担保、無保証人の制度を積極的に行うことになっていますが、誰もがこれを利用して融資してもらうことができるということはありません。

誰にでも融資をしていたら、回収できない融資も山のようになってしまうことが予想できますから、きちんとした審査があり審査に通ることができた場合にのみ融資が実行されることになります。

ただし、無担保、無保証人であれば新規開業の場合には安心して借りることができる融資となりますし、銀行などでは取引もなく信用がないために融資してもらうことができない場合でも国金の融資を利用することができる可能性があります。

お金を渡す

国金の融資の種類

国金で取り扱っている融資の種類としては、個人向けの教育資金がありますが、個人に対しての融資に関してはそれのみとなり、そのほかは事業主向けの融資となってきます。

どのような融資の種類があるのかは運転資金や設備投資、新規開業など事業で必要となってくるいろいろな資金に対応したものとなっていますが、その時によっても対応するものには違いがあります。

種類によって金利も違えばどのくらいの融資を行ってもらうことができるのかも違ってきますからまずはどのようなことで融資を検討しているのかをきちんと相談する必要があります。

特に新規開業の際には実際にはどのくらいの融資が必要となるのかまでははっきりしていないという場合であっても相談に応じてもらうことができ、どのくらいまでの融資を受けることができるのかを知ることができますから開業に備えての計画も立てやすいものとなります。

国金では融資の相談だけでなく事業に関しての相談にも対応してもらうことができますし、開業後の資金なども相談することができます。

若夫婦と赤ちゃん

信用保証とは

国金などで融資を利用する際には無担保、無保証人で利用できるのではと考えている人もいるようですが、必ずしもそうとも限りません。国金でもやはり貸し倒れは避けなければならないことになりますから、無担保、無保証人であっても信用保証が必要となることも少なくありません。

信用保証は信用保証協会に保証を行ってもらうことになりますから担保や保証人と同じような役割を負ってもらうことができる公的機関の保証ということになります。では同じことなのではないかといわれるとその通りではあるのですが、担保となるような財産などがなかったり保証人をお願いすることができる人がいないといった場合には必要な機関となってきます。

どういったものを利用したらよいのかはその時々によっても違ったものとなってきますが少なくとも最初から信用保証をあてにしていると融資が難しくなってしまうことも考えられますから気を付けたいところです。

国金は政府系の金融機関の一つとなりその主な業務としては事業主への融資ということになります。公的融資を受けることができますから低金利での利用を考えているような場合には相談してみる必要があります。銀行では融資を受けることができないといった場合でも相談してみる価値は十分にあります。

手の中のお金