!シェアご協力下さい!

利息の計算方法

利息の計算方法

お金を借りたら、必ず利息をつけて返さなければなりません。キャッシングやローンでは、返済するごとに「借入残高」がいくらかを知ることができます。しかし本来はお金を借りる前に、あらかじめどれくらいの利息がかかるのか知っておくべきです。

利息を計算するには、このような計算式を使います。

借入残高×金利÷365×日数=利息

それでは、金利18%で10万円を借りたとき、1か月(30日)でどれだけの利息になるでしょうか。

10万円×18%÷365×30日=1,479円

このように、計算することができます。

積まれたお金

もっと簡単に計算するには?

ちゃんと利息を計算しようとすると、少しめんどうな計算式ですね。そこで、もっと簡単に計算できる方法をお教えしましょう。金利は1年での利率なので、12で割ればだいたい1か月くらいの利息を計算できます。

利息=借入残高×金利÷12

先ほどのケースでいくと、

10万円×18%÷12=1,500円

ちゃんとした計算式よりも、ずっと簡単になりましたね。

小さい電卓

分割返済の場合

分割返済の場合は、計算が大変です。18%で10万円を借り、1か月(30日)ごとに1万円ずつ返済したとします。

1か月目の利息=10万円×18%÷365×30日=1,479円
1か月目の借入残高=100,000円+1,479円-10,000円=91,479円

2か月目の利息=91,479円×18%÷365×30日=1,353円
2か月目の借入残高=91,479+1,353-10,000=82,832円

このように計算します。

とても難しいですね。お金を借りるときに、ここまで難しい計算を自分でする必要はありません。消費者金融会社のホームページにある「返済シミュレーション」を使えば、利息や総返済額を確認することができます。

分割

借りる前に総返済額のチェックを

利息や総返済額などをチェックするのが大切なのにはわけがあります。お金を借りようとするときには、必ず考えておかないといけないことがあるからです。

1.毎月の返済額が無理なく返せる金額か

お金を返せなくなって借金がどんどん増えていってしまうと、大変なことになります。無理なく返せる範囲で借りるようにしなければなりません。

2.利息を払ってでも借りなければならないのか

上の例のように、18%で10万円借りて毎月1万円ずつ返済する場合、返済総額は109,018円になります。つまり、利息の総額は9,018円です。9,018円払ってでも、10万円を借りなければならないのかを考えましょう。

この2点をよく考えてからお金を借りるようにすれば、キャッシングやローンを正しく活用できるでしょう。

PCの上に電卓