!シェアご協力下さい!

円の歴史

江戸時代以前に「円」はなかった

江戸時代、日本全国で使えるお金には、江戸幕府が発行していたものがありました。時代劇などで出てくる、悪代官が喜んで受け取っている小判や、銭形平次が投げている銅銭などがそれですね。お金の単位は、「両、分、文」でした。ただ、お金はそれだけではありませんでした。

その頃には、全国の大名が江戸幕府の通貨単位を元にして自分の国(藩)でだけ使えるお金である「藩札」という紙幣などを発行していたので、全国で何百種類ものお金が流通していたことになります。

江戸時代末期には通貨体制が混乱していた

これらの藩札は、江戸幕府の許可をもらって発行していたのですが、江戸幕府の力が弱ってきた江戸末期には、どんどん混乱してきていました。中には、外国の通貨が使われていた地域もあったほどです。

通貨制度が混乱すると、急激なインフレが起きる可能性があるなど、社会も混乱してしまいかねません。インフレで生活が苦しくなってしまうことが原因で、一揆や打ちこわしが起こったこともありました。

そこで、明治維新を経てできた明治政府は、社会を安定させるためにも通貨制度を大きく変えることにしました。

明治政府が「円」を作った

明治政府は、江戸時代のように各藩が通貨を発行できる制度をやめさせることにしました。そして明治4年、「新貨条例」という新しい制度を発表し、日本全国の統一通貨ができました。この時に定められたのが、「円・銭・厘」という単位です。

ただ、通貨を新しいものに変えるのには混乱が伴うことも少なくありません。では明治政府は、どのようにしてスムーズに「円」を浸透させていったのでしょうか?

円の浸透をスムーズにした分かりやすい交換レート

実は、古い通貨と新しい通貨の交換レートにポイントがありました。1両=1円で新通貨に交換することとしたので、一般市民にもとてもわかりやすい通貨制度だったのです。

ちなみに、外国から見てもわかりやすい制度でもありました。当時は、1ドル=約1両で交換されていたので、新通貨も1ドル=約1円となりました。

しかし、当時の交換レートは、外国にとって都合のいい、外国が得をするレートだったので、すぐに明治政府は次の手を打たなくてはなりませんでした。

このようにして、明治政府の手によって、今の私たちが使っている「円」が生まれたのです。