!シェアご協力下さい!

円安で株価上昇するのはなぜ?

円安のメリット

日本を代表する大企業には、海外に輸出しているメーカーがたくさんあります。それらの企業は、海外で売れると海外の通貨を受け取ります。

たとえば、1ドル=80円の時に1万ドル売り上げても、日本円では80万円です。ところが、1ドル=120円になると、日本円に換算すると120万円にもなります。円安が進むとその分だけ、売上・利益ともに大きくなるのです。

円をばらまく

円安のデメリット

逆に円安が進むと、外国から輸入するものが高くなってしまいます。日本は資源のほとんどを輸入に頼っているので、円安になると原材料費が上がってしまうというデメリットがあります。

そのため、売上が上がっても、利益を圧迫する要因にもなります。ただ、普通は原材料費アップよりも売上アップの方が大きくなるので、一般に、輸出企業では「円安=業績向上」となります。

ドルいっぱい

内需関連企業の場合

電力会社や小売業など、輸入したものを加工した商品を国内で販売している企業ではどうなるでしょうか。

これらの企業は、原材料費が上がってしまう分を補うには、値上げするしかありません。うまく値上げできなかったり、値上げのせいで販売数が減ってしまったりすると、円安で業績が悪化してしまいます。

夜景

どうして株価が上がるの?

このように、円安が進んでも、業績が良くなる企業と悪くなる企業があります。なのにどうして、円安で株価が上がっていくのでしょうか?その理由は2つ。

ひとつは、日本全体でみると、輸出で増える利益の方が輸入で増える損失よりも大きいからです。海外の工場での生産が増えて、自動車の輸出量は減っていますが、精密機械やその部品など、日本が誇る輸出産業はまだまだたくさんあるのです。

もうひとつは、輸出企業の好調が景気を刺激するからです。輸出企業が利益を上げると、それが投資や給与に回っていきます。給与が上がれば、多少値上げされても家計に影響は出ないので、小売業の業績悪化を防ぐことができるのです。(ただし、あまりに急激な円安は、値上げに給与アップが追いつかないので、うまく景気を刺激してくれるとは限りませんが…)

このように、日本では、円安のメリットがデメリットを上回るので、「円安=株高」と受け止められています。

株価上昇