!シェアご協力下さい!

法人向けの公的融資

法人対象の公的融資の種類

一言で公的融資といってもいくつか種類があります。まずはどのようなものがあるのかを理解しておくとよいでしょう。日本政策金融公庫が取り扱いを行っている公的融資は法人にはお馴染みのものとなっており以前は国民金融公庫の名称で国金として知られていました。

他にも制度融資や商工組合中央公庫があります。また、沖縄の場合には、沖縄振興開発金融公庫があり利用することができます。沖縄振興開発金融公庫は沖縄県に限っている公的融資の機関となり、法人をはじめとして農林漁業者にも対応していますし、個人であっても住宅ローンで利用することができますから、日本政策金融公庫の沖縄限定版と考えるとよいかもしれません。

商工組合中央公庫とは商工組合中央公庫とは公的金融機関の一つであり、国と中小企業の組合が共同出資して作られたものとなっています。こちらも比較的低金利での融資を受けることができる可能性がありますが、利用することができるのは、中小企業団体とその構成員となっています。

ちっちゃいおっさんたち

日本政策金融公庫の公的融資

法人が利用する公的融資といえば日本政策金融公庫を思い浮かべる人は多いでしょう。事業資金など公的融資を取り扱っていますが、それだけでなく個人向けの住宅ローンも行っていますから個人でも利用してことがある人は多くなっています。

日本政策金融公庫は簡単に言うと国が作った公的金融機関となります。民間の銀行とは違ったものとなってきますから金利が低い融資を行っているというだけでなく銀行では融資を受けることができなかったような場合でも融資してもらうことができる可能性があります。

銀行の融資を利用する場合には担保となるものが必要であったりそれまでの実績がどのくらいあるのかといったことが審査されますから決して簡単に融資を受けることはできません。日本政策金融公庫では、担保となるような不動産がない場合や、法人といってもまだ開業して間がないような場合、また、開業するために資金が必要といったような場合でも融資の可能性があります。

目的によっても利用することができる融資には違いがありますからどのような目的で融資を希望しているのかも重要なポイントとなります。

お金を渡す

制度融資とは

都道府県や市町村といったそれぞれの地域の地方自治体が行っているのが制度融資となります。それぞれの自治体が銀行といった金融機関に預託しておこなわれているものとなり、銀行が独自で取り扱っている融資とはまた違ったものとなります。

地方自治体が定めている貸し付け条件によって行われる融資となり、法人や個人事業主に有利な条件での融資となっています。信用保証協会の保証が必要となりますが、法人や個人事業主に有利な融資ということでわかるように銀行からの融資を受けるには信用度が低かったり担保が足りないといったような場合でも融資を行うことができるような制度となっています。

それぞれによって違ったものとなってきますが、利息の補助なども行われていますからそれを考えるとかなりかなり低金利の融資となります。ただし、これもそれぞれの地方自治体によって違いますが、その年ごとに枠が決められていたりしますから、枠がいっぱいになってしまうと利用が難しくなる可能性があります。

面談

公的融資の魅力

法人が民間の融資ではなく公的融資を考える際に何といっても大きな魅力となってくるのが金利となります。金利の少しでも低いところを選択することは事業を行っていく上ではとても重要なものとなってきます。

ただし、公的融資の場合には融資が決定するまでに時間が必要となりますから急に資金が必要となったような場合には難しくなってきます。

他にも銀行では、融資が難しいという場合でも可能性があるのが公的融資となってきますからこれも大きな魅力となってきます。

いずれにしても公的融資を検討する場合には資金の準備までには時間的な余裕を持つことが大切なことになります。事業を行っている場合には常に余裕を持つということは融資が必要な場合だけでなく重要なことになります。

公的融資に関しては銀行などでも紹介してもらうことができますから銀行の融資だけを検討するのではなくいろんな面から検討することが大切なことになります。

法人が利用することができる公的融資はいくつもありますし、取り扱っている機関も一つだけではありません。まずはどのような融資があるのかを知ることも大切なことにあります。法人にとって融資を受けるということは事業を行っていく上で外すことのできないものとなりますからしっかり検討することが必要です。

グッド