!シェアご協力下さい!

公的融資の教育ローン

教育ローンと奨学金

高校や短大、大学、専門学校への子供の進学を考えるときに、頭を悩ませるのが費用の問題です。いくら子供の意思を大切にしてあげたいといっても結局のところお金がなければどうすることもできないのが現実となります。

そこで、役立つのが教育ローンとなりますが、その前にもう一つ検討しておきたいのが奨学金です。教育ローンを組む場合にはその後の返済は親の大きな負担となってきてしまいます。そのことを考えると奨学金を検討したほうがよいでしょう。

親の負担は当然という考え方もありますが、長い返済を考えると老後の生活に影響を及ぼす可能性もありますから、ここは長い目で見た判断が必要となります。奨学金にもいろいろな種類がありますからまずはそこから検討してみることも大切なことになります。

猛勉強する学生

教育ローンの種類

教育ローンを検討する際に知っておきたいのが教育ローンの種類です。教育ローンには公的融資によるものと民間の融資とがあります。どちらがよいのかはそれぞれの事情によってかわってきます。

一般的に考えると公的融資である教育ローンの方が金利も低くメリットが大きいと考えることができますが、金利だけでなくいつまでにお金が必要なのかといった問題もありますから、そういったことも考える必要がります。

また、公的教育ローンでは上限金額の制限や世帯年収などの制限もありますから、中には利用が難しい場合もあります。そういった場合にはやはり銀行や社会保険など民間で取り扱っている教育ローンを検討する必要が出てきます。

スタディ

公的融資の教育ローン

公的資金で教育にかかる費用を何とかしようというと教育ローンを利用することになりますが、実際にどこに申し込みを行えばよいのかなどよくわからない人も少なくないでしょう。国の教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。

日本政策金融公庫は、以前は国民金融公庫と呼ばれていた機関となり、国が100%出資している機関となります。実際に利用している人も多くの数となります。融資額は、子ども1人に対して350万円以内となっています。海外留学する場合には最大で450万円以内となっています。留学の場合には、外国の短大、大学、大学院に6ヶ月以上在籍することが条件となっています。

また、一般的に教育ローンというと進学する際に利用する人が多くなっていますが、進学する際だけでなく在学している場合でも利用することができますから、在学中に資金に困るような場合にも利用することができます。対象となるのは、高校、大学、大学院、専修、各種学校などとなります。

勉強する子

教育ローンの特徴

国の教育ローンの特徴となっているのが、固定金利、長期返済、無担保となります。国の融資ということで低金利であることはもちろんですが、長期返済であっても固定金利となりますから、途中で金利が変わるようなことなく返済が完了するまで同じ額を返済することができますから計画が立てやすいものとなっています。

長期返済では、最長で15年までとなっていますから、比較的長期の返済となりますが、それだけでなく母子家庭や父子家庭といった場合にはさらに3年延長することができ、最長で18年となりますから、返済期間は長くなっても、日々の生活の負担を抑えることができます。

無担保に関しては、担保自体は必要がありませんが、公益財団法人教育資金融資保証基金の保証を受けるか連帯保証人が必要となります。

融資保証を受ける場合には保証料が必要となり、その額に関しては融資額や返済期間によって違ったものとなってきます。保証料は融資金の方から一括で差し引かれることになりますから、そのことは頭に入れておいた方がよいでしょう。

ポイント

教育ローンの返済額

国の教育ローンは低金利で長期にわたり返済することができるというメリットがありますが、やはり気になるのは毎月の返済額がどの程度になるのかということです。いくら金利が少ないといっても毎月の支出が大きくなることは確かですからやはり気になるところです。

融資額や返済期間によって返済額はとうぜん違ったものとなってきますが、子どもが在学している間に関しては元金据置の利息のみの返済を行うことも可能となっていますから在学中はできるだけ返済も少なくしておきたいような場合には相談することができます。

卒業して子供が自分で生活することができるようになれば、支出もその分減少することになりますからそこから本格的に返済を始めるというのも一つの方法となります。

教育ローンは、公的融資である日本政策金融公庫で取り扱っている教育ローンが金利が低く長期での返済が可能となっているために負担をできるだけ少なく融資を受けることができます。

現在、高校に進学するのは当然のことのようになっていますし、さらに進学することも多いものとなっていますからそのための費用を準備することはとても大変なことになっています。国の融資を利用することで進学の負担を軽減することも大切なことになります。

お金と電卓