!シェアご協力下さい!

公的融資の審査

公的融資の審査

公的融資は何といっても金利が低いという魅力がありますが、それだけなく審査が厳しくないということもあります。例えば新規開業のための資金の融資を検討している場合に、銀行で融資の申し込みを行うとそれまでに取引がないことなどもあり信用度が低くどうしても審査は厳しいものとなってきます。

融資でも担保や保証人などしっかりしたものがあれば審査でも考慮されますがそうでない場合には、貸し倒れを防ぐためにも厳しいものとなるのも仕方のないものとなります。

一方公的融資では、目的にもよりますが、例えば新規開業ということでは、新規開業を支援するという意味でも融資を行っていたりしますから、銀行と比較するとかなり楽な審査となることもあります。

ただし、どんな状態でも融資を受けることができるほど甘くはなく事業計画などきちんと先の見えるものがないと融資が実行されることはありません。審査がないわけではありませんからそのあたりは理解しておきましょう。

面接中

公的融資の審査の基準

公的融資の審査の基準となっているものはどのようなものなのでしょうか。これは銀行でも公的機関の融資でも同じことになりますが返済することができるのかということになります。何とか審査を通りたいということであれば、一番良いのは担保となるものを準備することです。

不動産があればそれを担保にすれば担保の評価価値に合わせた融資を受けることができます。担保は仮に返済が滞ってしまってもそれを貸した側のものにすることで売却し返済額に充てることができるものとなります。

審査を心配しているような場合には担保を準備するのが一番早いでしょう。しかし担保となるような不動産がないような場合には、返済する能力があることを証明しなければならないということになります。

収入などが一番わかりやすいものとなりますが、収入があっても以前に融資を受けていてその際に遅延などがあったような場合にはマイナスの要素となりますからそういった過去の情報にも気を付けましょう。

チェックリスト

事業計画はしっかり

公的融資の代表的なものとなっているのが日本政策金融公庫となります。以前は国金と呼ばれていた機関となります。国金なら審査も緩いから大丈夫ということで安易な気持ちで申し込みを行う人もいます。これは大きな間違いとなります。

確かに審査が緩やかという点ではあっているのですが、公的融資ということはその元になっているのは国民から集めた税金となります。大切な税金を安易に融資するはずがありませんから審査もきちんとしたものであることは間違いありません。

審査のポイントとなるものの一つが事業計画書です。事業計画を記したものですがこれがしっかりしたものでないと融資は難しいでしょう。

しっかりしたものといっても裏付けのないようなものはダメです。きちんとした裏付けに基づいて作られている計画書であり、収入を上げることができ返済もできることが予想できるものであることが必要です。

いろんなグラフ

計画書を書くポイント

事業計画書を書く場合にはいくつかのポイントがあります。まずはわかりやすいということがありますが、いくつかのポイントを抑えることでより融資に近づくことができます。ポイントとしては事業経験、セールスポイント、販売先、仕入先、商品の紹介、売上の予想といったことになってきます。

事業経験はもちろん全くないということもありますが、事業を始めるのにこれまでどのようなことを培ってきたのかということが大切です。全くの素人ということでは信頼性も薄くなってしまいます。

販売先や仕入先はやはり信頼できるところと取引があるということが分かればそれだけ信頼度が高くなりますし、取引先がいくつかあればそれも信頼度につながってきます。

商品の紹介に関しては取り扱う商品がどういったものであるのかを分かりやすく伝えることができるということが大切なことになりますし、その良さを伝えることができることも大切なことになります。

さらにセールスポイントです。一般的なセールスポイントでは、同じ業種の他の人と変わりないものとなりますから魅力を感じることもありませんが、いかに特徴のある事業を行うことができるのかを説明することで魅力を高めることができます。

事業計画書はきちんと書かれていることはもちろんいかに魅力的であるのかいかに興味を引くことができるのかを伝えることができることが大切です。

公的融資の審査といっても必ずしもだれもが融資を受けることができるということはありません。審査で返済能力があるのかを判断されることは、銀行の融資と変わりませんから銀行の融資審査よりも緩やかな審査だといってもやはりきちんとした準備を行うことが大切なことになります。

PCとメモ