!シェアご協力下さい!

公的融資とは

公的融資とは?

公的融資と聞いてもすぐにわかるという人は決して多くありませんが、住宅を建てたことがあるという人などはわかる人も多くなります。

公的融資とは、国や自治体などが行っている融資のことになり、低金利で融資を受けることができます。国や県、それぞれの地方自治体でも準備されているものがありますから融資を検討している場合には対象となるのかを確認することが必要です。

実際にどのような融資に対して公的融資があるのかは地方自治体などによっても違ったものがあるために、きちんとそれぞれの対象となる自治体で確認してみる必要があります。

家とお金

公的融資の種類

まずは大きく分けて個人向けの融資と法人向けの融資とがありますが、個人向けの融資の場合には住宅ローンが対象となっており、法人向けのものでは事業資金など対象となるものがいくつかありますからチェックしてみる価値は十分にあります。

個人向けの公的融資

公的融資とは国や県地方自治体が行っている融資制度となり、事業資金など法人向けのものがイメージとしても強いものとなっていますが、個人向けのものもあり条件をクリアし融資してもらうことができれば低金利でお得な融資となってきます。

個人向けの公的融資では、住宅ローンがあります。代表的なものとしては住宅金融支援機構で行っている財形住宅融資があります。個人で住宅を建てる際により金利の低い住宅ローンを利用することができます。

法人向けの公的融資

法人向けの公的融資としては、国民生活金融公庫の融資や中小企業金融公庫の融資、商工組合中央金庫の融資といったものがります。これはあくまでも代表的なものとなり、他にも地方自治体が独自で行っているものがあります。

公的融資の利用は銀行などで融資条件を満たすことができなった場合などでも可能性があります。また、金利が低いのも特徴となっており法人にとってはとても有利なものとなっています。

以前はかなり利用できる範囲が限定されていたためになかなか利用することが難しい部分もありましたが、以前に比べると種類も多様なものとなり、柔軟性も考えられたものとなっています。これは企業など幅広い活用を行うことで経済の活性化を目的としたものと考えるようになったためです。

ドル

公的融資の手続き

公的融資を検討するときにどこに行けば手続きや説明を受けることができるのか良くわからないということもあります。まず理解しておきたいのが公的融資には直接貸付と代理貸付とがあるということです。これはどこが窓口となるのかの違いとなります。

直接貸付は、国民生活金融公庫、中小企業金融公庫といった期間で手続きを行うことになり、これは政府系の金融機関となりますから直接国の期間とやり取りするということになります。

代理貸付は、直接貸付を行うことが難しい環境にあるような場合に必要となります。というのは、国民生活金融公庫などの政府系の金融機関は日本全国どこにでもあるということではなくある程度限定された都市を中心とした地域になりますから中にはそういった機関がない地域もあります。そういった時に代理となり手続きを行うことができるのが銀行です。

全国のどの銀行でも取り扱いをしていますから政府系の金融機関がないという地域でも手続きを行うことができます。

書類

銀行より融資の可能性が高い

公的融資は、銀行からは融資してもらうことができないような場合でも可能性があります。誰もがということはありませんが、銀行とは違い積極的な融資と考えることもできますから銀行での融資を断られてもすぐに飽きられてしまうことはありません。

例えば開業するような場合にはそれまで銀行との取引がありませんから信用度が低いものとなります。信用度が低い場合には銀行はどうしても融資は困難という判断をしてしまいます。

公的融資の場合には、融資を行うことで経済活動を活発にしたいという狙いがありますから新規開業という面でも準備がされており融資してもらうことができる可能性があります。

誰もがというのは当然ですが、融資を受ける場合には事業計画など様々な書類などから審査を行うことになります。ここでしっかり準備されていることも必要なことになりますし、どのようなものにでも融資を行ってもらうことができるということではなく、どういったものに融資できるのが決まっていますからそういった条件をすべてクリアすることができれば融資を受けることができるということになります。

公的融資は金利が低いということから法人はもちろん、個人でも住宅ローンの利用などメリットの大きなものとなってきます。銀行からの融資を検討するのではなく公的融資も検討することでよりメリットの大きな融資を受けることができる可能性があります。

手の中のお金