!シェアご協力下さい!

住宅ローン返済方法の元利均等返済と元金均等返済の違い

ほとんどの人が利用している元利均等返済

ほとんどの人は、毎月同じ金額ずつ住宅ローンを返済しています。この返済方法を「元利均等返済」と言います。「元金」と「利息」の合計が「均等」になるように返済するという意味です。

この返済方法では毎月の返済額が一定になるので、家計のやりくりが簡単になるというメリットがあります。賃貸マンションの家賃を払っているのと同じようなイメージですね。しかし、「返しやすい」というメリットがある反面、「総返済額が多くなる」というデメリットがあります。

家

総返済額が抑えられる元金均等返済

もうひとつの返済方法が「元金均等返済」と呼ばれるものです。「元金」を毎月「均等」に返済する方法です。もちろん、利息も返済します。

ローンの返済は返済額がまず利息の返済にあてられ、残りで元金を返済します。そのため、借入残高が多いはじめの頃の返済額が大きくなります。

しかし、早く元金を返済していくことができるため、元利均等返済よりも総返済額を少なくすることができます。

座敷ありのリビング

お金に余裕があるなら元金均等返済がおすすめ

同じ金額の住宅ローンを組んでも、総返済額が少なくなるなら、元金均等返済にする方がいいですよね。ただ、そのためには、お金に余裕がなければなりません。

一般的に、勤続年数が長くなるほど給料も上がっていきます。そのため、住宅ローンを組んだ直後よりも、10年後20年後の方が返済する余裕があります。

しかし、IT企業やベンチャー企業など、若くても実力次第で給料が上下する職についている場合は、将来に給料が増えていくとは限りません。また、夫婦共働きの場合も、2人分の給料があるので、多少はゆとりのある生活ができているでしょう。

こういった人は、早いうちに元金を減らしていくことができる「元金均等返済」を選択する方が得だと言えます。ただし、全ての金融機関で元金均等返済が選択できるわけではありません。また、金融機関ごとにローン金利も変わります。

元金均等返済であることにこだわりすぎて、金利の高い、お得でない住宅ローンを契約してしまわないよう気をつけてください。

ひろーい