!シェアご協力下さい!

個人年金保険の種類

確定年金

個人年金と一口にいってもさまざまなタイプがあります。まず、よく知られているのが確定年金です。最初から年金総額が確定していることが特徴になっています。たとえば、10年確定年金ならば年金額×10年分をもらうことができます。仮に途中で亡くなった場合には、遺族が受け取ることになります。

確定年金のメリットは何と言っても年金受取総額が決まっている点でしょう。受取開始が60歳で年金支払期間が10年以上ならば、個人年金保険料控除によって所得控除を受けることもできます。しかし、設定した期間しか年金を受取ることができないので、受取期間が終了した後にも余命があったらどうするかという不安はあるかもしれません。

家族を守る

終身年金

終身年金とは、生きている間は生涯もらえる年金のことです。加えてどのような商品でも最低保障期間があり、10年保証期間付ならば10年は最低でも受け取ることができます。

もし長生きしてしまったとしても終身年金ならば安心でしょう。しかし、もし早い段階で亡くなってしまうと、払込保険料総額よりも少ない分しか受け取れないこともあります。確定年金額と同額の年金を受け取ろうとすると実は割高になってしまうという点にも注意しましょう。

老夫婦

変額年金

株式、債権などを中心として資産を運用して、その実績に応じて年金額が増減する個人年金保険です。運用が上手くいけば、年金額が増えることもありますし、インフレにも対応できます。しかし、運用リスクは個人で負わなくてはならず、将来どれぐらいの年金がもらえるか保障はありません。ハイリスクハイリターンを承知の上で利用するようにしましょう。

手数料

外貨建て年金

外貨建て年金も年金額は固定しているという点は円建て年金と変わりません。日本円よりも高い利率を期待できるのはメリットです。しかし、受取の際の為替レート次第では、積立をしてきた金額よりも少ない受給になってしまうかもしれません。為替変動によるリスクがあるという点に注意してください。

為替

個人年金のメリット

以上のように個人年金保険には多種多様なものがあります。いずれの場合にも以下のようなメリットは見逃せません。

銀行預金より増える

老後に備えて預金するというのも一つの方法ですが、現在ではほとんど利息が付きません。個人年金保険の方が積立を増やすことができます。

所得控除がある

個人年金保険で支払う保険料は、個人年金保険料控除の対象です。一定額が所得から控除されるのです。たとえば会社員ならば、年末調整で還付金を受け取ることもできるので、ぜひ利用してみましょう。

グッド

個人年金のデメリット

個人年金保険にはさまざまなメリットがありますがデメリットにも注意しなければいけません。

インフレ対応できないことも

受取金額が決まっている確定型では、インフレに対応することができません。先行き不安なこのような時代の中では、必ずしも将来の安定した収入を約束するものではないのです。

保険会社が破綻するリスク

保険会社といえば、かつては安定した企業の代名詞のようなものでした。しかし、この頃ではどのような大企業でも倒産リスクがゼロとはいえません。もし、保険会社が破綻してしまったら、年金額が減らされる可能性もあります。

しかし、生命保険契約者保護機構という保険業法によって一定額が保障されているので、積立がすべて無駄になってしまうということはありません。そうとはいっても、老後の生活を十分賄うだけの金額をもらうことは難しくなってしまうでしょう。

マルバツ

個人年金保険を選ぶポイント

以上のように個人年金保険にはメリットもデメリットもありますし、実に多種多様な商品があります。自分に合った保険を注意深く選択するようにしましょう。

安定性を重視するならば確定年金、長生きリスクに備えるなら終身年金、リスクを承知で年金額を増やしたいならば変額年金や外貨建て年金がおすすめです。

次に気になるのが、年金がいつまで受け取れるかどいう点です。終身保険ならばとくに悩む必要はありませんが、確定年金では60歳からの受取スタートで10年確定年金というコースを選択する人が最も多くなっています。

また、変戻率も必ずチェックしましょう。年金受取総額÷保険料総支払額×100=変戻率となりますが、保険料・保険料支払期間・保険受取期間を同じ条件として比較することを忘れないでください。

支払い方法については、月払いよりも年払いの方が、保険料が割引になることもあります。余裕があるようならば年払いを選択するようにしてください。

いかがでしたでしょうか。個人年金保険にはいろいろな種類があり、どのような老後設計をしているのかによっても最適な商品は異なります。また、保険料を無理なく支払うことができる範囲内にとどめておくことも大事です。幸せな老後のために個人年金保険の積立を始めてみませんか?

チェックリスト