!シェアご協力下さい!

信用取引の仕組み

お金を担保に多額の取引が可能

信用取引は、証券会社に預けている投資資金を担保にして取引を行うものです。担保に差し入れるお金を「保証金」といいますが、この保証金を元に日本証券金融や証券会社からお金や株を借りて取引します。

信用買いの場合は、お金を借りて株を買い、売却したときに借りたお金を返済します。信用売り(空売り)の場合は、株券を借りて株を売り、買い戻した株で返済します。返済するときに、利益や損失の金額分だけを保証金から清算する、「差金決済」と呼ばれる取引手法です。

保証金は最低30万円からですが、保証金の3倍強の金額まで取引できるようになり、30万円の保証金であれば、100万円程度の取引をすることができます。

信用取引

信用取引のメリットとデメリット

さて、信用取引にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まず信用取引のメリットとしては、投資資金以上の取引ができることです。つまり、大きな利益を狙うことができるのです。

それに対してデメリットは、利益が大きくなる=損失も大きくなるということ。現物取引よりも、ハイリスクハイリターンの取引になるわけです。

また、制度信用取引の場合は、借り入れできる期間が最大6か月までと決まっています。その期間が満了すると、強制的に決済されてしまいますので、注意しましょう。

綱渡り

損失がある時の注意点

損失が大きくなる可能性があるという信用取引のデメリットですが、どれくらい大きな損失を抱える可能性があるのでしょうか。

30万円の保証金を差し入れて、100万円分の株を買ったとして考えてみましょう。10%値下がりすると、100万円×10%=10万円の損失で、投資資金は30万円から20万円まで減ってしまいます。

もし買っていた会社が倒産してしまうと、100万円近い損失となり、保証金だけでは決済できないため、残りの70万円を支払わなくてはならなくなります。(信用取引でカラ売りをした場合は、理論上、損失は無限に大きくなる可能性があります)

このように、万が一の場合には、投資資金以上の損失が発生する可能性もある取引です。そうなってしまわないために、余力いっぱいまでポジションを取らないようにしたり、ある程度の損失で手じまいをするなど、注意しながら取引するようにしましょう。

悩む