!シェアご協力下さい!

仮想通貨の種類と特徴

仮想通貨の種類

新時代の概念として登場し、いま大変注目を集めている仮想通貨。世界には様々な仮想通貨が存在しており、その数なんと、1000種類以上にも上ります!今回は、その中でも取引量の多いものをピックアップし、その特徴や将来性についてご紹介していきます。

仮想通貨

ビットコイン(BTC)

ビットコインのマーク

仮想通貨といえばビットコイン。一番最初の仮想通貨で、知名度も一番高く、世の中に一番普及している仮想通貨です。2018年現在、仮想通貨市場で8割以上のシェアを占め、仮想通貨取引をする上で基軸通貨的役割を果たしています。

ビットコインが高く評価される理由としては「ブロックチェーン」という革新的な技術があります。ブロックチェーンは不特定多数のコンピューターによって台帳を管理する「分散型台帳技術」のことを言い、ビットコインには管理する大元が存在しないのが特徴です。

またビットコインはもともと総量が決まっており、発行できる上限は約2100万枚までとシステムで決められています。そのため、大量に発行されてインフレを引き起こすといったことはありません。また、ビットコインが流通すればするほど、他の通貨と比較して価値を高めることができるという点も投資対象として注目を集める要因の一つです。

ビットコインキャッシュ(BCHまたはBCC)

ビットコインキャッシュのマーク

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインから分裂し誕生した仮想通貨です。現在、時価総額は3位に位置しており、ビットコインと並び強い影響力を持つ通貨です。

ビットコインの容量不足を改善し、決済スピードやセキュリティに対する強化がなされ従来のビットコインよりも性能は優れていますが、ビットコインと比べるとまだまだ取引量が少ないことから、現状は一部のユーザーが支持しているという状況です。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムのマーク

仮想通貨でビットコインに次いで有名なのがイーサリアムです。将来性を高く評価されおり、時価総額は2位を長い間キープしています。

イーサリアムの最大の特徴は、ブロックチェーン上で契約をプログラム化し、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることが出来る「スマートコントラクト」という仕組みにあります。スマートコントラクトは非常に画期的なシステムで、マイクロソフトなどの有名企業がこれに協力するなどし、イーサリアムに関心が集まっています。

しかし、イーサリアムから生まれた「theDAO」という仮想通貨が50億円以上のハッキングに遭い、この事件をきっかけに「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」という2つの通貨に分裂を行いました。

ビットコインもイーサリアムもどちらもブロックチェーンの技術を使用していますが、その特性は全く別物で、ビットコインは通貨そのものとして物やサービスと交換する支払い機能をメインとしているのに対し、イーサリアムはプラットフォーム(基盤)であり、イーサリアムネットワークの使用料金として機能するものになります。イーサリアムは発行枚数にとくに上限はありません。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックのマーク

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分離して生まれた仮想通貨です。時価総額がTOP10入りするほど人気です。イーサリアムがバグ問題に対しハードフォーク(修正作業)を行い解決したことに対して、中央管理的な介入であり本来の理念に反するという考えの技術者達が分派し、誕生しました。

基本的な機能としてはイーサリアムと同じでスマートコントラクトがウリですが、イーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させています。イーサリアムとの違いがほとんどないためイーサリアムの価格変動の影響を受けたり、逆に影響を与える傾向にあります。またイーサリアムと同様、イーサリアムクラシックも発行枚数に上限はありません。

リップル(XRP)

リップルのマーク

世界的にも期待度が高く、時価総額3位をキープしているのがリップル社の運営するリップルです。リップルは正確には通貨ではなく、分散型技術を使った仮想通貨などの金融商品の決済や送金を行うシステムの名称です。

リップルはブリッジ機能やWebウォレット、IOUを利用した取引など、ビットコインにはない多くの機能を備え、送金スピードでもビットコインと比べ非常に速いのが特徴です。また、リップルの発行上限は1000億枚で、こちらもビットコインの上限2100万枚と比べるとはるかに上回っています。

リップルはドルや円などの法定通貨に代わる電子マネーを生み出すことを目的とせず、リップルネットワーク上で金融機関が発行する「Issuance」と呼ばれる電子手形を交換することで国際送金を実現。この功績からリップル社は世界経済フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞し、米国の次世代決済システムの有力候補として取り上げられ、大手銀行が続々とリップルの採用を表明しました。

ライトコイン(LTC)

ライトコインのマーク

ライトコインはビットコインを改良し性能が高くなった仮想通貨で、流通額がTOP5に入るほど人気があります。

基本的な仕組みはビットコインとほぼ変わらず、ビットコインを金とするならライトコインは銀といったコンセプトで作成されました。そのため、希少性はビットコインよりも低く、流通や取引に利用しやすいようになっています。また、ビットコイン同様オープンな仮想通貨であり、管理する団体や組織はありません。

ライトコインはビットコインよりもマイニングが簡単に行えるよう設計され、発行総量もビットコインの4倍の8400万枚となっています。市場に出回る量が多いため希少価値は低く、ビットコインのような高騰は難しくなりますが、流動性が高く、取引スピードもビットコインの4倍の速さで完了するため、活発な取引が期待できます。

まとめ

今回は特に取引量の多い6つの仮想通貨についてご紹介していきました。まだまだ新しい通貨も増え続け、これからますます注目を集めるであろう仮想通貨の世界。利便性が高まり、私たちの生活にいち早く馴染むのは一体どの通貨になるのでしょうか。様々な角度からそれを予想し、先回りして入手してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨を始めるならbitFlyer!!

↓↓↓ここからすぐアカウント作成できます↓↓↓

bitFlyer

通貨の種類が豊富なCoincheck!!

↓↓↓ここからすぐアカウント作成できます↓↓↓

coincheck