!シェアご協力下さい!

仮想通貨の取引には税金がかかる?

仮想通貨で得た利益には税金が掛かります

近年大きな盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、ビットコインをはじめとする様々な仮想通貨の価格が急騰し、“億り人”と呼ばれる仮想通貨長者も出現しました。

しかしその一方で確定申告の期限がやってくると、これまで投資に馴染みのなかった人々は「確定申告のやり方が分からない」や「税金はどれくらい払うものなの?」などといった税金についての様々な疑問がTwitterなどにあふれかえっています。

結論から言うと、仮想通貨関連で数十万以上の利益が出た方は、その利益に対して税金を支払わなければいけません。今回は仮想通貨の利益に掛かる税金について分かりやすく解説していきます。

1ビットコイン

税金の種類は所得税に分類

仮想通貨によって利益が発生した場合、所得税と個人住民税を納税する必要があります。所得税は1月1日〜12月31日の1年間で得た利益の合計(所得金額)を計算し、そこに税率をかけることで納める金額を算出します。

また、所得金額の合計は12月31日に算出できますが、所得税を納付するのは翌年の3月末以降になるので、それまでに納付する現金を確保しておくようにしましょう。

まる

「雑所得」or「事業所得」

所得は10種類に区分され、仮想通貨取引によって得た利益は、基本的に「雑所得」または「事業所得」に分類されます。

サラリーマンや他の仕事をメインに生計を立てていて、副業として仮想通貨の取引をしている方であれば「雑所得」、仮想通貨の取引で生計を立てているような人であれば「事業所得」になります。雑所得は以下のように計算します。

雑所得

例えば、ビットコインを1BTC=50万円で買ったあと、1BTC=100万円に値上がりしたので現金100万円にし、取引手数料が1万円かかったします。この場合は、100万円-50万円-1万円=49万の利益となり、この49万円に税金がかかります。

総合課税と累進課税制度について

仮想通貨で得た雑所得は「総合課税」という区分に分類されます。総合課税とは、他の所得と合算し、税率等を決めて課税するシステムのことで、日本では「累進課税制度」といった所得金額が多ければ多いほど税率が高くなる方法を採用しています。

そのためサラリーマンであれば会社からの給与所得に仮想通貨の所得をプラスし、これまでより高い税率になってしまう可能性があるので注意が必要です。

所得税の計算

課税対象になるのはどんなパターン?

たとえお勤めの会社で年末調整済みであっても、1年の間に仮想通貨での利益や他の雑所得の利益の合計が20万円を超える方は確定申告をしなければなりません。

しかし、仮想通貨での利益と言っても様々なパターンがあり、どの際に税金の対象になるのか判断が難しいところです。そのため国税庁は、以下のように課税対象となる取引を提示しています。

  • 仮想通貨の売却
  • 仮想通貨の商品購入
  • 仮想通貨と仮想通貨の交換
  • 仮想通貨の取得価額
  • 仮想通貨の分裂 etc…

現金で仮想通貨を購入しただけであれば課税の対象にはなりませんが、少々分かりにくいパターンも多いため、いくつか例を見ていきましょう。

〈例①〉ビットコインを1BTC=100万円で購入し、130万円に値上がりしたあと現金に戻した。

→差益の30万円が課税対象になります。

ビットコイン課税

〈例②〉ビットコインを1BTC=100万円で購入し、130万円に値上がりしたあと全てをイーサリアム(ETH)に変換した。

→差益の30万円が課税対象になります。

イーサリアム課税

〈例③〉ビットコインを100万円分購入し、130万円に値上がりしたあと全てをイーサリアムに変換した。さらにそのあとイーサリアムが140万円に値上がりし、全てをネムに変換した。

→イーサリアムに変換した差益の30万円+ネムに変換した差益の10万円=40万円が課税対象になります。

ネム課税

〈例④〉ビットコインを100万円分購入し、200万円に値上がりしたが、何にも変換せずそのまま保有している。

→変換していない場合は課税対象になりません。

課税なし

保有している仮想通貨を他の通貨やモノに変換し、利益が発生した場合のみに課税の対象になるという事です。

またマイニングにより取得したコインやハードフォークで取得したコインも現金化した場合のみ課税の対象になります。

ビットコインのマイニング

まとめ

今回は仮想通貨の利益に掛かる税金についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。取引量が多い方や投資金額が大きい方々は自分で計算するとなると相当難しいため、節税の相談も含め、税理士に相談すると良いでしょう。仮想通貨で大きな利益が出た場合には、きちんと納税し、脱税することのないように気を付けましょう。