!シェアご協力下さい!

仮想通貨の将来性

仮想通貨と金本位制の共通点

仮想通貨のような新しい通貨と、昔の通貨制度である金本位制に共通点があるというのは意外かもしれません。しかし、本質的には同じものと言うことができます。

金本位制では、発行した紙幣の分だけ金を用意しなくてはなりませんが、金の埋蔵量は限られています。仮想通貨も、あらかじめ総発行量が決められています。

つまり、限りのある通貨だという点で、仮想通貨は金本位制と同じ制度なのです。

ビットコインいっぱい

仮想通貨と金本位制の違い

金本位制では、金1gあたりの通貨の価値は基本的には変わりません。もちろん、金を採掘しつくしてしまえば変わったのでしょうが、それまでに金本位制が維持できなくなってしまったのです。

一方、仮想通貨は、通貨の価値が変動します。利用者が多くなればなるほど、通貨の価値が上がっていくほか、ビットコインなどは私設取引所があり、相場のように日々価値が変動しています。これにより、金本位制の「金の不足で実際の通貨供給が追い付かなくなる」という問題は解消できていると言えます。

金塊

仮想通貨の弱点

しかし、実はもうひとつ共通点があり、それが通貨としての最大の弱点とも言えます。金本位制は、景気を調整する機能がありません。不景気を打開しようとして通貨量を増やそうにも、金を用意できないことには何も始まらず、すばやく景気を調整することができません。金本位制のもとでは、好景気も不景気も行きすぎてしまうのです。

仮想通貨は、金と同じで埋蔵量に限りがあります。採掘しつくしてしまえば、それ以上通貨量を増やすことはできません。その上、国家の政策とは全く切り離されたものですから、仮想通貨を通じて景気を調整することは、事実上不可能です。

このように、金本位制ととても似通った特徴を持っているのが仮想通貨です。将来性のある通貨であるのは間違いないでしょうが、歴史上、最良の通貨制度ではなかった金本位制と同じ弱点を抱えていては、今の通貨システムにとって代わるものにはなれないでしょう。

しかし、コンピュータ技術の進歩には目覚ましいものがあります。もしかすると、そう遠くない将来に、弱点を克服した仮想通貨が現れるかもしれません。

スーツ眼鏡