!シェアご協力下さい!

不動産担保型カードローンとは

不動産担保型カードローンとは

不動産担保型カードローンとは、文字通り住宅やマンション、土地などの不動産を担保にしてカードローン形式でお金を借りることができるローン商品です。担保として不動産を設定する必要がありますが、保証人を設定する必要はないので少しは気軽に申し込むことができます。

もちろん、不動産担保型カードローンで融資を申し込む際にも審査はおこなわれ、借りる人の審査はもちろんのこと、担保となる不動産の審査も行われます。

個人の審査と不動産の価値を総合的に判断して、融資される金額が決まっていきます。不動産担保型カードローンを提供しているのは、主に信託銀行です。

家

高額の融資を受けられる

では、不動産担保型カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まずは、高額の融資を受けられることです。不動産の価値にもよりますが、少なくても100万円から最高では数千万円までの高額融資が期待できます。

通常、これだけの高額を融資してもらおうとすると審査も相当厳しくなることが予想されますが、不動産を担保にすることによって貸す側もリスクが軽減されますので、比較的融資しやすいのです。

高額

低金利で借りられる

ローン商品の常として、限度額が多くなればその分金利も低くなるというのがありますが、不動産担保型カードローンもまさにそのとおり。かなりの低金利で借りることができますので、非常にお得な融資と言えましょう。

又、不動産担保型カードローンは、特に利用目的が限定されていませんので、いわゆる「おまとめローン」や「借り換えローン」としても十分な戦力となります。

金女

限度額内なら何度でも借りられる

さらに、カードローンの利便性はそのままです。1000万円の限度額が設定されたからと言って、一度に1000万円借りなければならないわけではありません。

限度額の範囲内ならば、カードを使って何度でもお金を借りることができますので、使い勝手は銀行のカードローンそのままです。

主婦

不動産担保型カードローンの注意点

しかし、不動産担保型カードローンには注意点もあります。まずは、担保となる住宅に抵当権が設定されていないことが条件ですので、住宅ローンを利用して返済中の住宅を担保にすることはできません。

また、経費や時間がかかることも忘れてはいけません。融資までの期間は早くても3日ほどかかりますし、不動産の調査費用や印紙代、登記費用など各種手数料がかかります。

そして、通常の「不動産担保ローン」と比べると、限度額は低く借入期間も短い傾向があります。不動産担保型カードローンを利用する際には、利用目的を明確にして、他のローン商品をしっかり比較した上で利用するのが賢明です。

黒板注意マーク