!シェアご協力下さい!

不動産担保ローンの金利を比較

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは個人でも法人でも利用することができるローンでもあり、低金利で借りることができることができることからお得なローンの一つともなっています。

無担保ローンの場合には、年利で15~18%あたりがキャッシングの通常の金利となっていますが、不動産担保ローンであれば3%程度が銀行での金利となっており、ノンバンクという場合であっても10%以下となっていますからこれで金利を比較しただけでも大きな違いが出ていることがわかります。

不動産担保ローンは個人であればリフォーム資金であったりローンの一本化、法人であればつなぎ資金や事業資金などにも利用することができますから長期になっても低金利で利用することができ、様々な場面での活用が考えられますからきちんとそれぞれの金利を比較してみることが大切です。

戸建て

不動産担保ローンでローンの一本化

不動産担保ローンの活用方法の一つにローンの一本化があります。いくつかのローンを抱えていて毎月の返済が大変になっているという人も多いのではないのでしょうか。そういった状態になると返済が苦しいというだけでなく、返済できないような状態に陥ってしまうことも考えられます。

そのような状態にならないために返済がきついと感じるならローンの一本化を考え、月々の返済額を抑えることはとても大切なことになってきます。ローンを一本化する際には月々の返済額をまとめることができるというメリットがありますが、それだけでなく一本化して返済期間を長くすることで月々の返済額を減らすことができるというメリットもあります。

不動産担保ローンでは、さらに金利を抑えることができますから、ローンの一本化によりさらにメリットが大きなものとなってきます。

グッド

リフォームローンでも便利

リフォームローンなどを銀行で申し込みをしても、決定までには時間がかかりますし、収入などいろいろな審査がありますから時には難しいこともあります。不動産担保ローンであれば担保となる不動産がありますから決定されるまでの時間を短縮することもできます。

少しでも早くお金を準備したい場合や収入などに不安があるという場合であっても不動産担保ローンであればかなり有利に働いてくれますから担保にすることができる不動産があれば利用する価値は十分にあります。

台所

不動産担保ローンの金利を比較

不動産担保ローンはノンバンクでも銀行でも取り扱いを行っていますからどちらを利用したようがよいのかということもありますし、銀行というだけでもいくつもの銀行がありますからどこにしたらよいのかを考えなければなりません。

まずはノンバンクか銀行かということですが、当然ですが銀行の方が金利は低金利となりますから金利を考えるのであれば銀行がお勧めとなります。

ではノンバンクのメリットはどのような点になるのかは融資までの時間ということでしょう。不動産担保ローンということでも実際に担保にする不動産にどのくらいの価値があるのかなどの審査が行われますから、銀行では決定までにそれなりの時間が必要となってきます。

しかし、ノンバンクの場合には、銀行ほどに厳しく審査が行われるわけではありませんし金額に関しても融通が利く部分があります。融資までの時間や柔軟性を考えるのであればノンバンクの方が便利になってきます。

電卓

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンはメリットの大きなローンともなっていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。不動産担保ローンは無担保ローンに比べて金利が低いローンとなります。また、期間も長く設定することができますから、月々の返済を考えても利用しやすいものとなります。

不動産の価値によっては、融資額も数百万円以上という高額なものとなる可能性もありますし、使用用途は自由ということを考えると、様々な場面での利用を考えることができます。

もちろん低金利でたくさん借りることができるからといって考えなしに借りるようなことをしてしまえば、担保となっている不動産を手放さなければならない可能性も出てきてしまいますから、そのあたりはきちんと計画性を持つことが必要です。

不動産担保ローンは利用価値が高くメリットも多いものとなっていますが、デメリットもきちんと理解したうえで利用することも大切なことになります。

不動産担保ローンは長期間で低金利でローンを行うことができるということからとても便利なローンの一つとなっています。用途なども自由なものとなっていますから担保にすることができる不動産があるような場合には無担保ローンのように金利の高いものを利用するよりもお得になってきます。

家とお金