!シェアご協力下さい!

不動産担保ローンの必要書類

不動産担保ローンの審査

一般的に行われる融資は、代表的な銀行融資を始め、消費者金融や信販会社のキャッシングやカードローンなどのサービスでは、担保などはいらず審査を行う事で、信用貸しによる借入金を得る事がでるものです。

借りる人の収入力と信用力を元にお金を貸し出しますので、比較的上限額の低いカード発行などの審査では、比較的ハードルの低いものです。マイホーム購入ともなると、融資金額が膨らむという事もあり、審査が2回に分けて行われるなど、審査内容も厳しくなって行きます。

一方借りる際に担保があれば、貸す側にとっても万が一の時の為の保障となりますので、融資を受けやすい面があり、その点不動産担保ローンは比較的低いハードルで、融資を受ける事も可能というわけです。

担保として設定できる不動産には、自分名義の不動産だけでは無く、身内である両親や配偶者など、他人名義であっても担保として提供が可能という利点があります。一般的な融資に際する審査に、この担保が加味される事で、融資が受けやすくなること以上に、高額融資も可能となって来る事でしょう。

家三戸

不動産担保ローンのメリット

担保が確立されているという事は、貸し手側の金融機関からしてみると、リスクが少ない条件での取引と考える事ができます。仮に返済が不可能となっても、担保の所有権が移りますので、一言で保証された融資という事もできるでしょう。

借りる側は、資金が借りやすくメリットがあるだけではなく、担保の存在によって金利が低く設定されるという、恩恵も受ける事ができます。一般的に行われている無担保ローンに比べると、低金利で済みますので、それだけ返済期間を短くする事にも繋がるわけです。

じつはこの不動産担保ローンのメリットとして、ほかのローンと合わせたおまとめローンを組む事もできるのです。借入金をまとめる事で支払いも簡単になり、利息も一律にまとめる事ができますので、家族計画もスムーズに行う事ができます。

ただしここで注意しておかなければならない事は、これまで借入していたローンの金利についてです。この担保ローンよりも金利が低いのであれば、かえって支払額が増す事になりますので、利息の金利については事前に確認作業が必要となってきます。

オーデション

不動産担保ローンの必要書類

不動産担保ローンは、一般の融資であるビジネスローンとは趣旨の異なるものであり、必要書類を多く提出しなければならないという事があります。ローンの申し込みに際して、書類の不備を起こす心配のないように、必要書類は事前に用意しておく事が肝心と言えるでしょう。

まずあらかじめ知っておかなければならないのは、法人と個人では出す書類が変わってきます。個人であれば、申込者の必要書類は、収入証明となる所得証明と確定申告書の控えが直近3期分必要で、源泉徴収票や給料明細書でも代用できます。本人確認ができるものには、運転免許証にパスポートや健康保険証など、いずれかを用意しておけばいいでしょう。

そして、担保物件となる不動産に対する必要書類は、物件案内図と登記事項証明書が必要で、公図と地積測量図に建物図面が必要となってきますが、これらは法務局に行く事で準備できます。

契約時の必要書類としては、権利証又は登記識別情報通知書が必須で、実印と印鑑登録証明書、そして家族全員が記載された住民票が必要で、複数枚必要となりますので、詳しくは金融機関でお聞きください。

面接中

不動産担保ローンの必要書類 法人編

ローンの申込者が法人の場合は、必要書類の内容が変わってきます。まず、会社の決算書と確定申告書の直近3期分が必要で、代表者の本人確認ができるものとして、運転免許証かパスポートや健康保険証などがあれば問題ありません。

そして、会社や法人としての登記事項証明書と、担保物件となる不動産の必要書類には、住宅地図と不動産登記簿謄本である、物件案内図と登記事項証明書が必要となります。

さらに、公図と地積測量図や建物図面を法務局で用意しておきましょう。契約時の必要書類としては、権利証又は登記識別情報通知書と、印鑑証明書の登録印となる実印、そして印鑑登録証明書と代表者事項証明書が必要です。

その他の条件によっては、前年度の固定資産税納付証明書か納税通知書が必要であり、固定資産税評価証明書や建物の建築確認通知書も必要になって来る事があります。

また購入目的の場合には、売買契約書と重要事項説明書等の契約書類などが必要で、マンションや貸家などの収益物件の場合には、賃貸借契約書と重要事項説明書等の契約書類が、個人法人に関わらず必要になってきます。

不動産担保ローンの必要書類は、ローン契約を結ぶにあたり、必ず必要になって来るものです。複数の部数が必要となってきますので、金融機関の担当者と事前に打ち合わせをし、各必要枚数を確認しておきましょう。

面談