!シェアご協力下さい!

不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンの審査について

基本的にあらゆるローンの審査の基準はしっかりと返してもらえるかどうかです。融資額の回収ができない状況になるのが一番合ってはならないことなので、貸し倒れにならないように審査を行う側は慎重になります。融資額の未回収は不動産会社にとって損失になってしまうので、その損失ができる状況は何が何でも回避する必要があります。

この貸し倒れの判断基準がカードローンの場合だとその人の年収といった収入に対して判断されるのですが、不動産担保ローンの場合は不動産の価値で大きく変わってくるのです。融資してほしい額が大きいのに不動産としての価値が低い場合は融資してもらえない確率が高くなりますし、不動産の価値が高い土地や建物を持っている人は大きな額でも融資してもらえるでしょう。

家比べ

不動産担保ローンの審査で大切なのは不動産価値

不動産担保ローンの審査基準で真っ先に来るのが担保の価値です。不動産担保ローンの担保とは、名前の通り土地や建物となっております。担保として十分な価値があると判断されれば、返済能力がそこまで高くないと判断されたとしても貸し倒れのリスクはローン会社側からすると少ないと判断できるので、これが一番大切な審査項目と言えるでしょう。

不動産担保ローンにおいて大切になるのは不動産の価値ですが、この価値の目安は路線価が基本となります。他に固定資産税評価額や公示地価といったものもありますが、片方は更新頻度が少なくもう片方は稀に価値がその情報だけでは不足することがありますので、路線価が大切になるのです。

そのため、あらかじめ借りられる額がどうなっているのかを判断するために、路線価がどうなっているのかを調べておくのも有効と言えるでしょう。ちなみに、住宅ローンが残っている建物や土地を担保にすることもローン会社によっては可能とのことです。

この判断は会社によりけりとのことですが、一部の会社では住宅ローンの残債が購入価格の半分まで減っていればGOサインを出すという話も流れているので、どうしてもお金を借りる必要があるけど、住宅ローンが残っているという人はローン会社に確認するのが一番だと思われます。

座敷ありのリビング

その他の審査基準

基本は不動産価値となりますが、他の審査基準ももちろんあります。例えば、不動産は持っている人であったとしても、その審査にきている人が無職だった場合は返済能力なしと見なされるのでもちろん融資してくれません。

収入と借入額がどれくらいあるのかを考えて返済負担率を決めて、融資するかどうかを判断しているので、最初から収入が無い人の場合はスタートラインに立つことすらできないのです。不動産価値や年収以外では、勤続年数・雇用形態・職種・税金支払い状況・返済状況・他社借入などが審査項目としては出てくるところでしょう。

例えば、勤続形態がアルバイトや日雇いの人よりも正社員として働いている人のほうが安定していると見なされますし、弁護士や公務員の人たちのほうがサービス業や飲食業のような経営が不安定になりやすい業種よりも査定が通りやすくなります。

また、人気の職種についていたとしても、日本では転職癖がある人は不安定な人だと判断されがちなので審査不合格になってしまうケースもあります。

そして、何気に気にしなければいけないのが税金問題です。基本的に不動産を売却したとしても税金未納や滞納が発生している場合はそちらの取り立てが最優先となってしまうので、不動産価値が高かったとしても審査が通らなくなります。

また、カードローンでもなんでも同じなのですがいろんなところからお金を借りている人の場合は、その人の生活が苦しいと判断されがちなので、返済能力なしと判断されることが大河なります。特に他社借入が多くて返済が遅れがちな人の場合は、不動産価値が高かったとしても、審査が通らなくなることもあるでしょう。

様々な職業

不動産担保ローンの審査優先順位

これは会社の方針ややり方によって変わってくる部分ではありますが、基本は不動産担保の価値が最優先で、次点で担保を売却した時に回収できない可能性がある税金未納の有無です。この二つをクリアすることができれば、ある程度安定した収入がある人なら条件クリアとなるでしょう。

以上、いかがだったでしょうか。今回は不動産担保ローンの審査内容について色々と記載してまいりました。不動産担保ローンは名前の通り不動産の価値がどれだけあるかによって融資金額が大きく変わってくるものではあります。

他のローンの場合は収入や雇用形態等が最優先されてしまうでしょうが、不動産の価値と担保売却時の回収に影響する税金が最優先なので、無職以外であれば無茶な要求でもない限り審査が通ることもあると言われているのです。まずは、自分の持っている土地や建物の価値がどうなっているのかを調べることから始めてください。

穏やかな町並み