!シェアご協力下さい!

不動産投資の儲かる仕組み

不動産投資の儲かる仕組み

投資と称される行為に共通するギャンブル性が、時にハイリスクハイリターンの醍醐味と同時に、大きな収益を届けてくれるからこそ、多くの人達にとって魅力的な行為と映っているに違いありません。

同時に単なる「くじ引き」的なギャンブルではなく、市場更には世の中の動向を見据える幅広い視野と専門知識、そして瞬時の判断力などが求められ、こうした諸条件が投資という行為のステータスを適正に維持しているとも捉えられます。無戦略で安易に首を突っ込めば、自ずと残念な結果へと導かれてしまう、これが投資の大原則なのです。

不動産投資は他の金融商品の売買などとは異なり、一旦自身が構えた投資物件の「経営」という特徴を有する投資スタイルです。投資家すなわちオーナーの利益は家賃収入に集約される以上、常に満室もしくはそれに準じた入居率を確保から、家賃滞納などのトラブルを未然に防ぎつつ、物件の維持に必要な費用面にも意識を向け続けねばなりません。

これらを適正にコントロールし続けるには、成功に繋がる方程式を正しく理解から、確実に儲かる仕組みを構築しておく「仕込み」が重要です。

夜景

物件選択が最初の大きな鍵

不動産投資を別の言葉で例えるなら「入居者なるお客様に心地良く住み続けていただくサービス業」との表現がマッチします。勿論サービス業は営利目的のビジネスである以上、お客様である居住者からの家賃収入で、先行投資目的で借入れた金額の返済、建物の管理維持などに必要な資金面の確保などを差し引き、その上でプラスが手元に残る試算が正しく成立していなければなりません。

そして何より初期段階で成否を大きく左右するのが、皆さんが構える収益物件の選択作業に他なりません。新たに購入されるに際しては、皆さんが販売する不動産業者のお客様の立場故、どうしてもお買い得感すなわち販売価格に意識が向いて当然です。

初期投資を少しでも抑えられれば、完済からその後の利益率の大幅アップが期待され、この点で拘る姿勢自体は間違いではありませんが、不動産投資は「点」ではなく「線」で捉えるべき投資です。

交通アクセス面や周辺の各施設の充実度は入居率にダイレクトに反映するのみならず、家賃設定にも大きく影響します。更には数年先の開発計画の確認など、五年後十年後のシミュレーション作業を通じ、候補とする物件が中長期的に確実に収益を届けてくれるのか否かを、総合的に判断する姿勢が欠かせません。

穏やかな町並み

リスクへの対応

当初の事業計画に沿った形で各部屋が無事に埋まり、収益物件のオーナーすなわち経営者として無事にスタートを切る事が出来れば、まずは一安心なのが全ての方々の本音に違いありません。管理を一任する専門業者との関係も良好となれば、後は丸投げで左団扇の未来予想図が頭を過ぎり始めますが、油断は禁物です。

確かに現地対応の窓口となるのは依頼先の各業者ですが、実際のオーナーは皆さん自身であり、全て知らぬ存ぜぬ状態で家賃収入を待つだけでは、成功へと続く道が程無く通行止めとなり兼ねません。皆さんの収益物件は大勢の入居者にとって「住処」であり、建物自体の経年劣化や消耗あるいは汚損などが避けられません。

例えば居住者の健康に直結する上水道設備の水質確保に際しては、貯水槽清掃作業が欠かせませんが、これには双方の費用が必要であり、オーナーとしては正直出来る限り頻度を抑えたいと考えても不思議ではありません。

居住者から管理会社に実施の要望が届けられ、投資家である皆さんがご自身の利益優先でこれを渋った場合、入居者の退去のみならず、時に社会的な問題としてクローズアップされてしまうリスクもゼロとは言えません。

台所

綿密な事業計画を

不動産投資はご自身の晩年の安定収入の確保にとどまらず、次世代へのバトンタッチも視野に入れるべき賃貸物件経営です。ご自身が何らかの事情でオーナーの座から外れざるを得ない場面に際しての収益物件の処遇など、シミュレーションしておくべき展開は何パターンも想定されます。

非常に残念な仮説として、収益物件として期待通りの家賃収入の確保が叶わず、ご自身にとっては負債ばかりが膨らむ「お荷物物件」を突然相続せざるを得なくなった場合、残されたご親族への招かざる負担は半端では済まされません。

不動産投資の成功は、皆さんが経営者である期間だけ、期待以上の収益が得られる状況を指す訳ではありません。更なるリスクが懸念される場合、第三者への売却からご自身の財政状態を速やかに一旦リセットから、結果的にマイナスを背負い込まずに確実に投資という行為を終結出来れば、それも広義での成功です。

こうした多くの方々が見落としがちなポイントを踏まえ、然るべき専門家と二人三脚での事業計画の構築を通じ、儲かる仕組みを確実に採り入れておく準備が欠かせません。

確かな物件選択、想定されるリスクへの対策など、要所要所を確実に抑えた綿密な事業計画に基づく収益物件経営が、皆さんの不動産投資の「儲かる仕組み」の構築に繋がります。机上の論理だけにとどまらず、オーナーとして現地の現状を常に把握する姿勢も欠かせません。

頼みます