!シェアご協力下さい!

不動産投資は会社をつくろう!

不動産投資の特徴

他の各種投資と比較した場合、独自のメリットと安定性が語られる不動産投資ですが、全てを自らの手だけで対応するのは現実的に不可能です。各分野でサポートしてくれる会社の存在と、各々が担ってくれる役割を理解した上で、良好な相互信頼関係の構築が欠かせません。

何より見逃してはならないポイントとして、他の金融商品の購入などの投資とは異なり、収入を届けてくれる収益物件が居住者の生活空間となり、オーナーには「適正な環境の維持」が求められます。

仮にただ物件を構えて放置しているだけでは、新たな入居者の確保が叶わぬのみならず、程無く退去が続き赤字物件へと転落するのが明白です。高く安定した入居率を維持出来てこそ初めて成功するのが不動産投資であり、必要となる作業全てを自身だけで賄う事は現実不可能です。

新たに収益物件を探す際の不動産販売業者、入居者を募る際に利用する賃貸斡旋業者、建物管理の窓口となる専門業者と各専門分野に精通した関連業者など、不動産投資には複数の会社との接点が必要不可欠であり、相互信頼関係に基づき、初めてスムーズな不動産経営が成立する事を踏まえておきましょう。

サラリーマン大家

不動産投資の会社をつくる

複数の専門業者との協力関係の構築に際し、更には見過ごせぬ節税効果を見据え、自身を法人化すなわち会社としての体制を整えた上での不動産投資も一案です。

個人の所得税の算出方法と比較した場合、法人での不動産投資には大きな節税効果が見られるのみならず、相続税など中長期的に対峙が避けられぬ問題に際しても、会社として収益物件を保有するメリットが少なくありません。

同時に一個人対会社のバランスではなく、双方が法人として業務提携すなわち業務委託契約を結べるメリットも見過ごせません。各業者側からしても、一個人が契約者の場合、本人に予期せぬ何らかのアクシデントが生じた場合、対応に窮するケースが想定されます。

そこでオーナーである皆さんを法人化しておく事で、代理人が迅速に支持対応でき、大切な収益物件に生じたアクシデントの早期解決など、居住者の不満や退去に繋がるリスクの抑制効果が得られます。

数十年単位で収益物件の環境を良好に保ち続ける事で、確実な家賃収入を確保し続けるのが不動産投資の骨子である事を、初期段階で正しく理解しておきましょう。

注意点

取引先会社の選択

新たに不動産投資を始めるに際しては、収益物件と称される賃貸物件の確保が不可欠であり、この選択を誤ってしまった場合、莫大な先行投資すなわち借入を抱えた状態から、時に月々の返済にすら窮してしまう可能性もゼロとは言えません。

何より私達が自身で収集可能な情報には限界が見られ、更にそれらの真偽を自身で100%確実に見極められるとは限りません。やはり不動産投資すなわち収益物件の確かな販売実績を誇り、単なる不動産販売対応のみならず、その後の賃貸物件経営に際しても必要なアドバイスを届けてくれる、幅広い関連専門知識を有するスタッフが在籍する業者の選択が欠かせません。

物件の決定に際しては、単純に販売価格から感じられる「お買い得感」「初期投資抑制のメリット」ばかりに目を奪われる事無く、中長期的な事業計画に基づき、より確実に入居者を確保し続けられる周辺環境のチェックなど、広い視野での検討が求められます。

言葉巧みに自社が抱える不良物件をセールスするいわゆる売りっぱなしの業者を最初の窓口に選んでしまった場合、次の一手を打つまでに困惑からロスタイムと無用な労力と双方を背負ってしまい、初期段階から計画が大きく狂ってしまい兼ねません。不動産投資に際しては接点を持つ相手の会社としての信用度と実績の見極めが非常に重要です。

チェックリスト

会社としての自組織の構築を

不動産投資を機に法人化すなわち自身が会社を新たに設立するに際しては、法で定められた所定の手続きが必要です。今日会社設立サポートを主業務とする企業が、多くの起業家のサポートに尽力しています。

不動産投資イコール不動産と投資関連の情報ばかりに目が向きがちですが、更に柔軟な姿勢と幅広い視点から、自身にとって何が本当に必要であるかを冷静に自問自答の上、同時進行で計画を実践して行くスタイルがおすすめです。

実際に不動産投資が会社設立のキッカケとなり、現在収益物件の経営を通じ、着実に収益をアップさせておられるオーナーの方々は、全国各地に点在されています。当然最初は誰もが未経験の初心者ですので、臆する事はありません。

会社設立サポートの専門業者の中には、カウンセリングなど起業を目指す方々との質疑応答の機会を積極的に提供していますので、まずは自分なりの大まかな事業計画や質問したい内容などを手元に準備から、コンタクトを取られるのも一案です。

不動産投資を始めるに際しては、取引先として接点を有し、現地すなわち自身の収益物件の管理を委ねる専門業者の選択に慎重を期さねばなりません。同時にこの機会に自身を法人化すなわち会社とする事で、多くな節税効果その他のメリットを確実に活かす対応も見過ごせません。

グッド