!シェアご協力下さい!

不動産投資にはセミナーがおすすめな理由

独学の限界とリスクを知る

インターネット社会が構築されて久しい昨今、私達が居ながらにして入手可能な各分野関連情報は「無数」と表現出来る程、膨大となっているのが現状です。たとえば検索機能を活用から「不動産投資」とキーワードを入力すれば、とても全てを閲覧し切れぬ程の該当情報が画面を埋め尽くします。

一昔前であれば専門書籍を開き調べる、あるいは然るべき専門知識を有する第三者との質疑嘔吐を通じてなど、確かめたい知識に辿り着くに際しては、相応の時間と労力を費やさねばなりませんでした。

ですが、このハードルが結果、誤った情報や知識を鵜呑みにしてしまい、その後悪しき展開へと導かれてしまうリスクを抑えていたのもまた、紛れもない事実です。

とりわけインターネットなる極めて強い匿名性に保護された空間内では、見知らぬ第三者が発する情報の中には、信憑性から疑問符が拭えない、更には何らかの意図に基づき真実と反する内容が語られているケースが数え切れません。

そして高額の初期投資を伴う不動産投資を検討中の方々が、安易に周囲の人達にその事実を話す行為は危険です。自ずと自分1人あるいは限られた確かな信頼関係に基づく人達の間だけでの検討作業となり、どうしても視野が狭まり偏った方向へと導かれる傾向が否めません。

未知なる分野へのチャレンジに際しては安全性を確かめた上での適度な「風通し」も重要であり、この場面でお薦めしたいのがセミナーへの参加なのです。

限界

同じ目的を有する人達と学ぶ

今日あらゆるジャンルに於いて、セミナーと称される催しが全国各地で積極的に開催されている事は、既に皆さんもご存知の通りです。情報誌や配布物のみならず、インターネット上でも開催日程や内容などが常に掲載配信されており、不動産投資に関するセミナーもまた、多くの参加者が集う注目度の高さで知られています。

具体的な内容は細かい部分で違いが見られますが、一般的には有識者の講師の講義からの質疑応答という流れが一般的で、初心者向けから相応のキャリアを持つ投資家向けのより専門的な内容までさまざまです。

こうした催しへの参加のメリットとして、同じ目的を有する投資家あるいは投資家を目指す方々の存在を、肌で感じられる点が見過ごせません。初期段階で正しい心構えや最低限理解しておくべきポイントを学んでおけば、それだけでも大きなリスク回避効果が約束されます。

同時に独学だけで何をどう進めて行けば良いのか、判断に窮されていたのであれば、どのようなタイムテーブルを構築から、どのタイミングで何を必ずクリアせねばならないのか、大まかな事業計画の土台を見極められるメリットも見過ごせません。

総会

参加するセミナーの選択に際して

セミナーへの参加を決意されれば、次なる作業は当然、どれに参加するのかの選択作業ですが、ここでもいくつかの注意点が存在します。

参加に際しては事前の申し込みから無料というスタイルもあれば、参加料を負担する有料形式も見られます。更にはその分野に通じていると評判の有名タレントが講師を務めるセミナーもあれば、見知らぬ講師が複数名登場するスタイルなど、バリエーションに富んでいるのも特徴です。

ここでポイントとなるのが主催者の見極めです。例えば不動産業者が主催で自由参加の場合、当然セミナー参加者を自社経由で不動産投資を始めてもらえる新規顧客開拓が主目的と推察されます。

講師の話法も必然的に、一般的な講義内容から主催業者を推薦する内容へと巧みにスライドする可能性もゼロとは言えず、視点を変えれば今後パートナーシップを構築するに値するか否かなど、ご自身の事業計画全体を視野に入れた姿勢での参加が望まれます。

可能であれば複数回異なるセミナーに参加から、不動産投資をとりまく周辺環境を肌で確かめられる作業もまた、後々のリスク回避能力を培う上で無駄にはなりません。

シルエット

積極的な姿勢で臨むことが大事

一定時間を割いて参加するセミナーである以上、漠然とただ受け身一辺倒での聴講だけでは、参加するメリットを最大限活かせているとは言えません。例えば聴講中に理解出来ない単語が耳に飛び込めば、メモから帰宅後自身で調べてみる、あるいは質疑応答時間が設けられていれば、臆せず積極的にその場で確認する姿勢が大切です。

単に数多くのセミナーにただ足を運んだ「だけ」では、不動産投資家として必要な知識を確実に体得したとは言えません。何よりご自身の大切な財産を先行投資する、1つ間違えば大きな損失に繋がるリスクの存在が無視出来ず、正しい知識に基づく確実な「経営手腕」が求められる世界です。

セミナーは自身のその時点での知識の乏しさと対峙する場と捉えておいて丁度です。参加する度に増えて行く疑問点や不安点を曖昧にせず、1つずつ自らクリアする作業を通じ、自身のスキルアップに繋げてください。

セミナーへの参加を通じ、独学の限界に潜むリスクを回避すると同時に、その時点での自身の必要とされる関連専門知識の理解度を自己確認するメリットが見過ごせません。参加に際しては主催者や講師の顔触れなどをチェックを通じての選択作業も重要です。

やる気