!シェアご協力下さい!

サラリーマンの不動産投資

増加中のサラリーマン不動産投資家

副業を通じての副収入を得る行為を禁止されている、一部の職種の方々を除き、私達には職業選択すなわち合法的な利益追求の自由が確保されています。近年の経済社会全体は景気上昇カーブを描いていると伝えられていますが、直近から数十年を振り返れば、バブル期からの崩壊など、その乱高下の軌跡が否定出来ません。

経済社会を生きて行く生命の糧となる「お金」を、より安全確実に効率良く安定確保出来れば、老後と称される私達の定年後の晩年の生活に対する不安感も大きく軽減が叶います。

給与所得を有するサラリーマンの方々が不動産投資に着手されるタイミングに関しては、例えばご自身の不動産購入に際して組んだローンが完了した、あるいは予定より早く完済出来たなど、金銭的な余裕が生じた事がキッカケとなるケースが少なくありません。

更には各企業の定年退職年齢が相対的に引き上げられる一方、早期退職を積極的に募る動向も同時進行で加速を見せる現状から、早い段階で不動産経営者としての独立を第二の人生の選択肢として、視野に入れられる方々が潜在的に増加しているとも推察されます。

いずれにせよ不動産投資に際しては、基本的に相応のまとまった金額の先行投資が欠かせず、他の各種投資とは大きく異なるため、いち個人のポケットマネーでの参画は当然難しく、ご家族更には親族を含めたライフプランの再確認に基づき、冷静に事業計画を見据える準備作業が求められます。

サラリーマン大家

自己所有物件を活用する手法

不動産投資を見据えるに際し、自身のその時点での年齢や将来の展開から、最低限の投資金額に対し、より堅実な家賃収入確保を目的とする場合、現時点での自己所有物件をそのまま収益物件として活用する手法が考えられます。

子供達が独立して夫婦2人の生活には広すぎるマイホームを賃貸物件として活用し、自分達はより小さな賃貸物件に入居すれば、家賃収入で自分達の住居の家賃を賄い、差額を収益として確保する展開が視野に入ります。

サラリーマンとして定年退職以降に関しては、月々の給与所得がストップするため、再度のライフプランの見直しが求められますが、新たな先行投資を必要最低限に抑える手法の1つに違いありません。

その他相続で自己所有となり、結果維持費の負担が持ち出し状態と化している物件に関しても、収益物件への転用が選択肢に挙げられます。サラリーマンと二足の草鞋での法人化が雇用契約上問題が無ければ、法人の所有物件としての活用も一案ですが、当然一個人の独断だけで物事を運んでしまった場合、後々人間関係のトラブルを招き兼ねません。関係者各位との十分な事前の意思疎通が重要です。

セレブの家

納税のシステムと節税対策を学ぶ

サラリーマンのように安定した給与所得を有する方々が個人で収益物件を経営する場合、不動産所得と給与所得が合算され、給与所得控除が適用されません。結果所得に対して割高な税率が適用された状況となり、投資本来のメリットが抑制されてしまう可能性が否めません。

不動産投資に際しては法人化から、法人にのみ適用される節税効果を上手に活用する事で、最終的に手元に残る不動産収入が届ける現金の確保に努めるのも一案です。

また本業である外勤と現地の管理作業の同時進行は物理的に難しく、然るべき管理業者への業務委託が必要となるケースが想定されます。必要となる費用も家賃収入からの捻出が必要となり、家賃設定を含めたお金の流れの正確なシミュレーション作業が欠かせません。

こうした判断は専門知識や経験値に乏しい初心者には当然難しく、然るべき第三者にアドバイスを仰ぐなど、積極的に「学ぶ」姿勢が、不動産経営を成功に導く上で欠かせません。二足の草鞋から双方が中途半端になってしまっては本末転倒であり、毅然とした姿勢で臨まねばなりません。

スタディ

相続を視野に入れて

不動産投資に活用する収益物件は、いずれ相続の対象となる「財産」に他なりません。ご自身が高齢その他の理由から経営者とのしての立場から身を引く、あるいは他界から相続するに際し、どのような展開が想定されるかを見据えておきましょう。

ちなみに個人所有の不動産は相続時点での評価額に基づき、相続税が確定しますが、法人所有の物件は課税対象外であり、こうした理由からも法人化を薦める声が説得力を有しています。

もちろんご自身の判断にて存命中に売却から、ご自身でスタートされた不動産投資に一区切り着けられるのも選択肢です。ただし希望金額で希望通りのタイミングに現金化が叶うとは限らず、こうした収束を視野に入れた事業計画であれば、時間的な余裕を十分に確保しておかねばなりません。

公的な効力を有する遺言書の作成など、日常の忙しいサラリーマン生活に於いては、なかなか意識が向かぬポイントに対しての準備対応も見過ごせません。

現役サラリーマンが自身の第二の人生、更には家族親族の将来を見据えて不動産投資をスタートされるのであれば、何よりライフプランと重ね合わせた綿密な事業計画が不可欠です。過剰な先行投資が招くリスクや相続対策など、日常生活で殆ど意識しなかった重要なポイントに関しても、明確な対処法の見極めが求められます。

遺言書