!シェアご協力下さい!

不動産投資でサラリーマンが成功するには

サラリーマンが不動産投資をするメリット

「サラリーマンは本業が忙しく、資金もないから不動産投資なんてできるわけない」このように思っている方は少なくないでしょう。実はサラリーマンだからこそ不動産投資をするメリットがあるのです。

まずは、サラリーマンとしての「信頼」を利用しましょう。社会的な信頼があれば、ローンを簡単に組むことができます。もし、不動産投資に興味をもち会社を辞めてからお金を借りようと思っても、銀行などからお金を借りる事は極めて難しいと考えてください。

アパート一室から始める不動産投資の頭金ぐらいでしたら、すぐにローンを利用できます。また、投資用物件に入居者がすぐにでも決まれば、自身のお金をローンの返済に充てる必要がなく、家賃収入から支払うことも可能でしょう。

サラリーマンの人

不動産以外の不労所得は実は不労所得ではない

不労所得といっても、株式投資や投資信託またはFXといった金融商品を利用した場合、一定の金額を貯めるには、それなりの時間と労力が必要になってきます。特に金融商品によっては、政界経済の動向や主要国要人の発言にも注目しなければいけませんし、急激な情勢の変化に瞬時に対応しなければ、大切な財産を失ってしまう可能性もあるのです。

その点、不動産投資では、投資用物件を所有すれば、物件・入居者の管理のほとんどを管理会社に委託する事ができるので、手間はかかりません。このように、一定の動きさえ押さえてしまえば、あとは収入を待つだけとなるのです。

アヒルと金

不動産投資はノウハウや特別なスキルは必要ない

前述の通り、不動産投資にはノウハウや特別なスキルは必要ありません。

株式投資やFXをされた方はご存知だと思いますが、それらの金融商品で収益を上げようと思えば、1日の多くを副業に費やさなければならず、サラリーマンとしての本分に影響が出てしまうかもしれません。

金融商品すべてが悪いという事ではなく、あくまでも小遣い程度で市場に参加するのであれば、まったく問題はないでしょう。

笑顔の夫婦

不動産投資で成功するための「物件探し」

不動産投資で稼ぐには、ライバルよりも先に優良物件を探す必要があります。専門知識がないサラリーマンは1度の失敗が致命傷にもなりかねないので、不良物件には決して手を出してはいけません。

まず大切な事は、不動産会社の選定です。特に自分に合った、協力的な営業マンを一人でも多く味方につけることが、誰よりも早く優良物件を手に入れる手段だと理解してください。

不動産投資用の物件探しとなると、多くの資料や意見を受ける必要があるので、一般の入居者と違い、相手にとっては、「ビジネスにならない客」として受け答えされては、いつまでたっても、稼げる物件は見つかりません。相手にもプラスになる情報や、時には手土産でも渡すだけでも効果があるでしょう。

名刺交換

サラリーマン流周辺環境の調べ方

また、気に入った物件の周囲環境を調べる必要があります。日々忙しいサラリーマンとなると、物件すべての周囲環境を調べる訳にもいきません。

そんな時は、「Google Map」が大変有効です。「Google Map」のストリートビューを利用すれば、物件の外装も一目でわかるほか、周囲の環境も現地に行ったように詳しい情報が視覚的にわかるので、不動産会社の説明以上の事がわかるかもしれません。

最終的に、現地に行って確認できれば問題ありませんが、確認できる箇所は事前に調べる事がポイントです。

現地調査のポイント

・最寄りの駅から物件までの距離と、スーパーやコンビニ、病院などの利便性

・物件と隣接する境界で、障害物や隣建物の老朽化

・物件外周の清掃・貯水槽・階段もしくはエレベータの状態

・入居者有無

・お風呂やトイレ、洗濯置き場

これらは、不動産投資をするときには、非常に大切な確認事項となります。調査する時には、メモをするなどで、細かく記載し、もしわからない事が出てきた場合は、不動産会社に早めに連絡する事が非常に重要です。

大きな集合住宅

収益をあげる物件の考え方

収益を上げるための物件選びには二つの考え方があります。まず一つ目は、需要と供給のバランスが安定している「都市型物件」。不動産投資で安定的な収入を得るためには、物件地域の人口が直結します。簡単に言えば、「人が集まる場所」を選ぶことが重要という考え方です。

仕事があるところに人が集まり、人が集まるところに、学校・病院・商店街といった周囲の環境が整備され、さらに人が集まるといったスパイラルが生まれてきます。

誰もが飛びつく物件であることから、家賃と競争力がともに高いのが特徴です。しかし、物件を手に入れる事ができれば、かなりの確率で安定した収入を得ることができるでしょう。

もう一つは、都市部から離れた物件をあえて選ぶ考え方もあります。お気づきだと思いますが、安い中古物件を手に入れて、修理した後、に入居者を募集するといった「お宝物件」という考え方もあるのです。中古物件なので、ライバルが少なく、価格の低いため入手しやすいのが特徴です。

周辺

自分に合った不動産投資を考える

「都市型物件」と「お宝物件」の両者にメリットとデメリットがあり、一概にどちらとはいえませんが、予算などを含めて自分に合った不動産投資を見つける事が「不労所得」を成功させる一番の近道ではないでしょうか?

信頼がおける不動産会社の担当者を見つけ、自分が住みたいと思える物件を探し出す事がポイントです。

家比べ