!シェアご協力下さい!

一目均衡表とは

一目均衡表とは

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、昭和初期に日本人チャート研究者によって開発されたチャート分析手法です。ローソク足チャートとともに日本生まれの世界的に有名な定番指標として外国人FXトレーダーにも知られています。

一目均衡表はその名の通り、一目で売買のポイントを見極められるのが特徴で、トレンドの方向性や転換点など、総合的な分析が可能なチャートです。

まる

一目均衡表の構成

一目均衡表は「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つの線と「雲」と呼ばれる帯で構成されており、以下のように算出します。

  • 転換線=(当日を含む過去9日間の最高値+最安値)÷2
  • 基準線=(当日を含む過去26日間の最高値+最安値)÷2
  • 先行スパン1=(転換線+基準線)÷2の値を26日先に表示
  • 先行スパン2=(当日を含む過去52日間の最高値+最安値)÷2の値を26日先に表示
  • 遅行スパン= 当日の終値を26日前に表示
  • 雲=2本の先行スパンの間の部分

一目均衡表

一目均衡表の見方

一目均衡表がどのような構成なのか分かったところで、次はどのように読み取るのかを見ていきましょう。

①転換線と基準線の交差

一目均衡表の基本的な読み取り方の1つに、転換線と基準線の交差があります。これは、相場における転換点を示すシグナルとなります。転換線が基準線を下から上に抜けることを「好転」と言い上昇トレンド発生のサイン、転換線が基準線を上から下に抜けることを「逆転」と言い下降トレンド発生のサインとなります。

好転逆転

②ローソク足が雲を抜ける

一目均衡表の基本的な読み取り方の2つ目は、ローソク足が雲を抜ける場合です。ローソク足が雲を上に抜ける場合は相場の方向性が「好転」、下に抜ける場合には「逆転」とされ、相場の転換シグナルと判断出来ます。雲の上は晴れているので「強気基調」、雲の下は雨が降っているので「弱気基調」と表されることがあります。

ローソクと雲

③遅行スパンがローソク足を抜ける

一目均衡表の基本的な読み取り方の3つ目は、遅行スパンがローソク足を抜ける形です。遅行スパンがローソク足の下から上へと抜けたときは相場が弱気から強気へ、遅行スパンがローソク足の上から下へと抜けたときは相場が強気から弱気になるタイミングと判断でき、横ばいだった基準線が上向きまたは下向きに変わります。

遅行スパン

④三役好転・三役逆転

一目均衡表の基本的な読み取り方の4つ目は、三役好転・三役逆転です。①の転換線と基準線の交差、②のローソク足が雲を抜ける、③の遅行スパンがローソク足を抜けるという3つの条件をすべてクリアした場合がこれに当たり、なかなか表れることはありませんが、とくに信頼度の高いシグナルとされています。

三役

まとめ

いかがでしたか。一目均衡表の見方についてはご理解いただけましたでしょうか。もちろん、一目均衡表だけで完全に為替相場の予想が出来るわけではありません。その他のチャートとの組み合わせで相場を予想し、総合的に分析する必要があることを忘れないようにしましょう。