!シェアご協力下さい!

マンションに投資しよう

一戸建て住宅のリスク

戸建て物件の住宅であっても、比較的少額での投資ができる物件というものは存在しており、程度の良い物件は比較的人気の対象となっています。戸建ての場合は、一般的に木造建築物があるがゆえの、老朽化に難があると言えるでしょう。

木造住宅には木造ならではの温かみもあり、そうした物件を求めるニーズも確かにありますが、鉄筋住宅の頑丈さには及ばないと言うのが一般的な認知度でもあります。

したがって中古や安価な不動産物件を購入する際、建物の構造や経年劣化の度合いなどをよく確かめておかなければ、違法建築や急建築基準に基づいて建てられたものという事もあり得る話です。

こうしたケースでは、建て直しそのものが難しいという場合もあり、建築コストが外観にまで及び高くつく為、一定額の費用もかさむという事になります。

もちろんメリットもあり、一戸建ての場合は家族が住み着く事になりますので、長期にわたって安定した収入が得られるという事になりますが、土地単価収益で考えてみると、どうしてもアパートやマンションに軍配が上がってしまいます。

アメリカの家

マンションの投資

マンションを投資の対象とした場合、まず外観に手を加えなくても良いという事が言えるでしょう。賃貸を前提としたマンション投資を考えた場合、利益率が高いとされるのは一棟マンションの投資ですが、そのメリットはかなり大きいものと考える事ができます。

まず、部屋数が多いので空室リスクを分散できる事と、管理や運営がまとめて行えますので、入居者の選定もできますし、知らない間に変な入居者が入っているという事も、管理が万全であるならば、万が一にもありえないという事が言えるでしょう。

しかし、一棟すべてを購入するには、それなりの多額の資金が必要で、建物自体に難がある場合には、修繕費も一棟全体に掛かってくることも考えられる為に、すでにまとまった資金力や資産のある方、または不動産投資に慣れている方でなければ難しいところでしょう。

また、物件を手放したい場合を考えてみても、一棟全体での販売価格が非常に高額になりやすい事もあって、購入層も多いとは限りませんので、売買先が見つかるまで時間がかかるという事が考えられます。

マンション

新築のマンションの経営

新旧に関わらず、マンションを第三者に賃貸する事で、その家賃収入を得ていく事を目的とした経営は、一つの投資でもあり、これをマンション投資やマンション経営と呼んでいます。これは1室であっても、立派に行える投資方法でもあり、個人レベルでの資産運用をお考えの場合には、比較的リスクの少ない運用方法と言えるでしょう。

なぜこうした運用方法が考えられるのかというと、現在非常に低金利な世の中という事もあり、通常の金融商品では資産を形成する事が非常に難しくなってきているという事もあり、かといって株式やFXなどの投資では、リスクが大きいといういう事が挙げられます。

その為に比較的安定した収入が上げられる、こうした不動産投資が考えられたのです。特に新築マンション購入の場合、賃貸経営を始められる際には、ローンを利用していても賃貸を行っている限り、家賃収入でほとんど返済ができてしまう為に、比較的少額での頭金で簡単に始める事ができるというメリットがあります。

新築のメリットは言うまでも無く、全てが新品という事で様々なメリットを享受できる資産形成の方法と言えるでしょう。

空とマンション

中古のマンションの経営

高い評価を得やすい新築マンションではありますが、個人レベルであっても、それなりの高額な資金が必要となって来ることは否めません。そこで、比較的低額での投資でも行う事ができるのが、中古物件の活用という方法になってきます。

中古物件の良いところは、元々立っている物件が存在していますので、どの地域であっても比較的探しやすく、選別も行いやすいという点が挙げられます。人口の密集している地域であれば需要は非常に高く、中古物件であるという引け目が全くないというのも、メリットの一つといえるでしょう。

こうした中古物件のメリットは、比較的低価格で利回りの良い物件という事もあり、実際に物件を見て確認してから購入できるという事も大きな利点と言えます。勿論デメリットもありますので、新築と比較して対策を考えるのも大事な事で、設備が古く節税効果があまり期待できないなどの、難点がある事も考えておかなければなりません。

また同時に重要なポイントが、物件自体の履歴を知る事で、トラブル物件ではいくら内装が綺麗であっても、借り手が付かない事も予想されます。

マンションでの投資方法は、新築や中古物件の2つがそのターゲットになりますが、資金額が十分であれば、税金対策や収益の麺からも、新築が有利であるとも言えます。ただし、中古物件では初期投資が低いというメリットもあり、運用資金次第では有効な方法とも言えます。

アパート