!シェアご協力下さい!

マンション経営の資金

マンションの経営に必要な資金

マンション経営を検討したことがある人はかなりの数になりますが、実際にマンション経営を行うとなるとやはり気になるのはどのくらいの資金が必要となるのだろうかということでしょう。マンション経営に魅力は感じるものの資金のことを考えると躊躇してしまうこともあります。

まずはどれほどの資金が必要となるのかを知ることがマンション経営を検討するのには重要なこととなります。マンション経営といってもマンションはそれぞれの価値によって資金も大きく違ったものとなってきます。

一概にいくらくらいの資金を準備すれば良いのかを判断するのは難しいものです。どの程度のマンションを希望しているのかを考えることも必要ですし、このくらいの資金を準備することができるから、それに合わせたマンションを探すという方法もあります。

マンション

低資金のマンション経営

マンション経営を行う場合には自己資金である程度準備するということもありますが、それだけでなく融資を受けて資金をあつめることも可能です。

低額でマンション経営をまわしたいということであれば、最初の費用は大きくなったとしても家賃収入の大きな物件を探すことで、実質の経営資金を低く抑えることができます。つまり家賃収入が高額な物件であれば、ローンの額が大きかったとしても、実質支払う額は大きくなくて済むということになります。

逆に家賃収入が少ない物件の場合には物件自体の価値も低くなりますから、最初に準備する資金としては少なくて済むということになります。

どちらの方が良いかは、専門家でもちがった考え方になります。ご自身の準備できる資金や今後のプランによって選ぶと良いでしょう。

よりコストを抑えたいということであれば、やはりしっかり家賃収入を得ることができる物件であることが第一条件となります。そのため、立地などもきちんと検討しなければなりません。つまり安い物件というだけではお得だとは判断できないということになります。

ダメ!

マンション経営資金の準備方法

マンション経営の資金を準備するにあたり、融資を検討するのであれば、まずはどのくらいの融資を受けることができるのかが重要です。実際に融資の申し込みをしてみないことにはわからないということもありますが、マンションにどの位の価値があるのかによって融資金額も違ったものとなってきます。

またより多くの融資を受けたいということなら、それだけ収益性の高い物件であるということを証明する必要があります。その場合には、収益性が高い分だけローンもほとんど負担をすることなく返済を行うことができるものでなくてはなりません。

家とお金

マンション経営の費用

マンション経営を行う場合に必要となる費用は、一体どのようなものがあるのでしょうか。

まずは物件を取得するための費用となりますが、物件の取得でも自己所有の土地を利用してマンションを建設するということもあれば土地から購入するということもありますし、中古や新築の物件を購入するということもあります。それぞれの場合によって必要となる資金は違ったものとなってきますからやはりしっかり検討してから始めることが必要です。

物件の取得をしてもその後の補修費用なども必要となりますし、年数が経過すればリフォームなどの可能性もありますから、必ずしも最初に資金を準備することができればそれでよいというわけではありません。その後のこともきちんと考えておく必要があります。

つまりマンション運営を始めてからも資金がかなり必要となることを考えておかないと、のちのち資金不足で手放さなければならないといったことにもなりかねませんので注意しましょう。

また中古物件を購入してマンション経営を行う際には、物件の購入だけでなく、リフォームや補修なども一緒に行わなければならない可能性もあります。購入の際には物件をきちんと判断することが大切です。

ドカタ

マンション経営の収入

マンション経営を行う場合には、常に100%の家賃収入を得ることができるわけではありません。マンションでは居住者の入れ替えがありますから入れ替え時には一時的にも家賃収入が得られない時期が出てきます。

マンション経営の資金をローンで賄っているような場合には、月々の返済に影響してきますから常に100%の収入を考えることは危険です。常に余裕を持った計画を立てておくことが必要になります。家賃収入が少ない時でもきちんとローン返済を行うことができるようなシミュレーションを行い、融資額を決めることが大切です。

空とマンション