!シェアご協力下さい!

マンション経営には資格が必要?

不動産経営には資格が必要なのか

投資の一つとして不動産投資を検討しているという人は少なくありませんが、マンション経営といってもうまくいくこともあればなかなかうまくいかないということもあります。

安易にマンション経営したりすると、時には痛い目にあってしまうこともありますから、ある程度知識を身に着けておくことも大切なことになってきます。

実際のところ、必ずしも不動産経営に資格が必要ということではありませんが、マンション経営をする上で、役立つ資格をいくつかご紹介していきましょう。

リビング

宅地建物取引士

マンション経営を検討しているなど不動産投資を考えているなら学んでおきたいのが宅地建物取引士の資格です。宅地建物取引士の資格は不動産に関する知識を得るのにちょうどよい内容のものとなっていますから、必ずしも資格取得する必要はなくても学ぶことは大切です。

実際にこの資格を取得するとなると国家資格のため非常に大変ですが、資格取得しなくてもどのような内容となっているのかを勉強してみることで不動産取引のことを学ぶことができます。宅建業を行っている人の場合にはこの資格を取得している人が必ず必要となりますから、事業主が持っていたり取得している人を雇用したりすることになります。

不動産業の場合でも営業している中の5人に1人は取得していることが必要となっていますからとても重要な資格となります。これだけ重要な資格となっていますからその内容を理解していることで不動産取引でも多いに役立ってくれます。

図面と家

マンション管理士

マンション管理士はマンションやアパートの経営の際にとても役立つ資格となります。マンションやアパートでは様々な人が生活をすることになりますから、様々なトラブルが想定されます、それを解決に向かわせるのに役立つのがこの資格となってきます。

トラブルがおきた際に法的手段で解決に向かうことができますから、なんの根拠もなくということがなくきちんと法律という根拠に基づいて話を行うことができるのは、大きな強みとなるでしょう。マンション管理士はマンションやアパートのコンサルタントのような役割を持つものとなってきます。

マンション

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理業者が必要となる資格となります。あくまでもマンション管理業者にとって必要となるものですし、その役割はマンションでも大型の分譲マンションなどになると管理組合が作られますが、その管理を委託する契約を行う際に重要事項などの説明を行ったり、管理状況などを説明するといったことになってきます。

管理業者にとって必要となるものですから、マンション経営など不動産投資を行う行う場合には得に必要があるということはありませんが、そのようなものがあるということを知っておくと良いでしょう。

スーツ

マンション経営は素人には無理?

マンション経営を行うとなると法律や金融のこと建物のことなど専門的なことがとても多くあり、素人では何がなんのことやらわからないということも少なくありません。

しかし素人ではマンション経営を行うことができないということはなく実際に不動産投資としてマンション経営を行っている人はとても多くいますが、専門的な知識があるという人は決して多くありません。

これは、マンション経営を行うといってもそのすべてを自身で行う必要がなく専門家に相談したり専門家に任せてしまうということになるためです。実際に必要な知識を全て学ぶというととても大変なことになりますからなかなかそこまで行うことができるということは少なくなります。

専門家にお願いすることはよいのですが、それだけでなく自身でもどのようなことが必要になるかを理解しておけば役立つものとなります。

専門家にお願いすることは必要なことですが、相手はあくまでも利害関係のある相手ということになりますから知識を持っているということはとても重要なポイントになってきます。

実施に資格を取得するほど勉強しなければならないということはありませんが、一通り知識として学んでおくことは大切なことになってきます。

専門的な資格はいくつもありますが、その全てということではなくてもマンション経営にどのような知識が必要となり、その知識がどのような資格につながるのかを知っておくこともその後の経営に役立ってきます。

不動産経営ということでマンション経営を検討しているなら、まずはどのような手続きなどが必要となるのかを知ることも必要です。資格を取るほど詳しくならなければならないということはありませんが、知識を持っているのとまったくわからないということでは全く違ったものとなってきます。

ポイント