!シェアご協力下さい!

マンション経営で得られる収入

安定収入が魅力の不動産投資

マンション経営なる言葉の響きからは、相応の規模の企業が営利目的で展開する事業のイメージが先行するかと思われますが、実は私達一般人にとっても身近な投資スタイルの1つに他なりません。

たとえば自己所有の空き物件1部屋を活用から、自らがオーナーとして入居者を募られれば、これも不動産投資の範疇に属します。これをマンション1棟単位で捉えればマンション経営となり、部屋数が数室の小規模な建物から、数十数百室を構える大規模な建物に至るまで、投資金額すなわち規模もさまざまです。

こうした不動産投資に用いられる居住用物件は収益物件と称され、確保された土地に新築から経営をスタートする、あるいは売りに出されている中古物件を購入から、新たなオーナーすなわち家主となるスタイルが見られます。

相応の先行投資金額全額を手持ちの現金で賄えるケースは自ずと限られるため、事業計画の中に家賃収入を充当しての返済計画を織り込み、返済と収益確保を中長期的に同時進行する経営が一般的です。借入額の感最期は返済充当分も収益となる、よりメリットが大きくなる独自のポイントが存在するのも特徴です。

家チェック

マンション経営初心者

マンション経営に着手される方々は幅広く、定年退職を機に退職金を活用から、自分達の老後から次世代へのバトンタッチを視野に入れておられる方々、サラリーマンが密かな副業としてなど、基本は誰もが経営者に名乗りを上げる事が叶う投資スタイルです。

ただし、相応の先行投資から着実な収益を確保出来なければ、不良物件を抱えた状態で自身の財政状態が危うくなるリスクが見過ごせず、正しい関連知識の理解と迅速的確な実践の双方が求められます。

誰もが最初は当然未経験者であり、経営者あるいは不動産に精通した方々だけがマンション経営に適した方々とは限りません。今日全国各地でこうした投資家すなわち経営者を目指される方々向けのセミナーが積極的に開催されています。

更には関連書籍やインターネット上にも無数の情報が掲出配信されていますが、匿名性が強く時に情報の内容の信憑性に疑問符がチラつく後者の閲覧に際しては、安易に鵜呑みにしない慎重さが求められます。

アパート

マンション経営は中長期投資

マンション経営は「経営」である以上、綿密な事業計画の構築が不可欠ですが、ここでもう1つ同時進行いただきたい作業として、ご自身とご家族の現在から未来へ向けてのライフプランの再確認が挙げられます。

マンション経営は物件を確保から入居者を確保出来た段階から、収益が届き始める投資であり、準備段階から先行投資の期間は、基本収益はゼロです。この回収のスタートの時期までに要する期間中も、私達は必ず確実に齢を重ね、ライフプランに沿って生活自体が変化を見せる点が見過ごせません。

例えば定年すなわち60歳代を起点にゼロから着手された場合、経済社会の動向を含めたマンション経営状態の推移によっては、存命中に直接的な収益のメリットを確かめぬまま、次世代へバトンタッチあるいは確保された収益を売却せざるを得ない展開が想定内となります。

返済など負の義務ばかりを次世代にバトンタッチしてしまうのは当然本意ではありません。過剰に消極的あるいは悪しき展開に意識を向け過ぎてはなりませんが、近未来に想定される状況を各々ピンポイントで捉え、線として確実な収益が見込めるか否かの判断が不可欠です。

上昇

専門知識を有する第三者への相談を

マンション経営に際しては、現場に於ける大半の作業を、業務提携を交わした各々の専門業者に委ねる形となり、各社を一括で束ねる窓口の役割を果たす存在として、不動産管理専門業者とのパートナーシップの構築が不可欠です。

日常の管理清掃作業から、定期的な修繕あるいは有事の緊急対応など、建物管理に必要な作業は列記すれば数多く、これらに必要となる費用面の確保もまた、見込まれる収益からの捻出が求められます。

家賃設定をアップすれば計算上オーナーである皆さんに余裕が見込まれますが、今度は入居率のダウンという別のリスクがクローズアップされ、バランスの正しい見極めは非常に難しい作業です。

また賃貸マンションへの入居経験をお持ちでない方々の場合、一戸建てとも分譲マンションとも異なる、管理維持上の流れや規約は、戸惑いを覚えられて当然です。管理組合を有さぬ賃貸物件すなわち収益物件に於いては、居住者から管理業者経由でオーナーに伺いが立てられる、希望が伝えられる流れとなり、必然的に現地対応に時間を要してしまうシステムとなっています。

こうしたタイムラグが居住者の誤解に繋がるリスクも含め、より迅速的確な対応を約束実践してくれる業者との信頼関係の構築など、経営者として学び実践すべきポイントが少なくありません。積極的に専門知識を有する第三者とのコミュニケーションを図り、着実に関連知識を身につける姿勢が大切です。

不動産投資イコール先行投資から物件を構えていれば、座っていても家賃収入が継続的に届けられるとの誤解が各方面で囁かれていますが、これは大きな間違いです。自己所有物件の経営者としての義務と関連知識を正しく理解から、然るべき専門業者との二人三脚での管理維持作業の継続が欠かせません。

注意点