!シェアご協力下さい!

ペイオフとは

ペイオフとは

まず大原則として、銀行が破たんした際、預金者1人あたり1金融機関ごとに「元本1,000万円とその利息まで」が保護されます。

1,000万円を年利1%で1年間預けていた場合、1,010万円まで保護され、無事手元に返ってくるということになります。1,000万円を超える部分については、破綻したときの財務状態に応じて、減額されて支払われます。

ここで注意しておきたいのは、銀行預金の元本の計算方法。支払われた利息は、自動的に「元本」になります。つまり、1,000万円を年利1%で預けていた場合、1年後には、支払われた利息10万円を合わせて元本は1,010万円となります。最初に預けた金額がいくらかで判定されるのではないことに注意しましょう。

恐怖

外貨預金などは保護の対象外

預金保険制度では、普通預金や定期預金などと違い、保護されないものもあります。外貨預金や他人名義の借名口座などがそうです。日本よりも金利がいいし、円安になれば資産が増加するという理由で外貨預金を活用している人もいるかもしれませんが、保護の対象ではないことを覚えておきましょう。

1,000万円をドルに替えて10万ドル預けていたときに銀行が破綻したとします。保護の対象外となる預金は、半分しか返ってこないということになれば、手元に戻ってくるのは5万ドルとなってしまいます。

限界

決済用預金は全額保護される

個人で1,000万円を超える預金をしている人は多くはいませんが、会社や個人事業主の場合は銀行の残高が1,000万円を超えるのは普通の話です。

けれども、銀行が倒産したために、その銀行を利用している会社の預金が全て失われてしまったら、とてつもない数の会社が連鎖倒産してしまうことでしょう。

そこで預金保険制度では、「無利息、要求払い、決済サービス提供」の3要件を満たす決済用預金(いわゆる当座預金など)については、全額が保護されることになっています。また会社の預金であっても、利息がつく定期預金や外貨預金などは、一般のものと同様にペイオフのルールが適用されます。

現在でも銀行は普通の会社よりも倒産する可能性は低いと言われています。しかし、一般には知名度が低い銀行ですが、2010年に日本振興銀行が破綻し、すでにペイオフは発動されています。命の次に大切とも言われるお金のことですから、万が一の可能性も考えて預けるようにしましょう。

任せてください