!シェアご協力下さい!

ビットコインの買い方

ビットコインの購入方法

「ビットコインを買いたいけど、どうやったら買えるの?」といった方に、ビットコインの買い方について分かりやすく解説していきます。ビットコインの買い方はとっても簡単。たったの3ステップで完了します!!

ビットコイン買い方

①アカウント開設

まずはビットコインを取り扱っている取引所や販売所のアカウントを開設します。アカウントはそれぞれのホームページやアプリで開設が出来ます。パソコンやスマホで住所、氏名、年齢などの個人情報を入力し、運転免許証などの本人確認書類の写真をアップロードします。

〈取引所の登録画面〉

ビットフライヤー登録画面

必要事項の入力が完了し1週間ほどすると、本人確認のためのハガキが登録住所に届きます。ハガキを受け取ることで本人確認としているため、ポストに投函されるのではなく配達員から直接受け取るタイプの簡易書留で届きます。これを受け取ればアカウントの開設が完了です。

〈本人確認のハガキ〉

取引所本人確認

↓↓↓ここからすぐアカウント開設できます↓↓↓

bitFlyer

②口座へ入金

アカウントの開設が完了したら、ビットコインを購入するための資金を入金します。指定の銀行口座へ入金したり、クレジットカードで入金したり、コンビニで入金したりと取引所または販売所によって入金方法はさまざまですが、どれもとても簡単に行うことが出来ます。

〈入金画面〉

入金画面

③購入ボタンをおす

アカウントを開設し入金が完了したら、あとは購入ボタンをおすだけ!ホームページやアプリでアカウントにログインし、入金した資金が反映されていたら購入画面へ進み、購入ボタンをおします。

〈購入画面〉

購入画面

これでビットコインの購入が完了です!!

ビットコインゲット!

取引所と販売所

ビットコインは取引所または販売所のどちらかで買うことが出来ます。取引所ではビットコインを所有している人から直接買い、販売所ではビットコインを所有している会社から買います。取引所と販売所の両方を運営する会社のアカウントを開設すれば、どちらからでも買うことが出来ます。

取引所の場合は掲示板に売りたい人と買いたい人が金額と数量の提示をし、それが合致すれば取引が成立し、ビットコインを購入することが出来ます。販売所の場合は、購入ボタンをおせばその場ですぐに購入することが可能です。

取引所販売所

また両者のメリットデメリットはと言うと、取引所は取引が成立しないと購入することが出来ませんが、自分の希望の価格で購入することが出来ます。反対に販売所はその場ですぐに購入することは出来ますが、手数料が高くなってしまいます。

取引所販売所メリットデメリット

現物取引と信用取引

さらにビットコインの購入方法には、現物取引と信用取引というものがあります。現物取引とは自分の資金でビットコインを買うことで、信用取引とは自分の資金を担保にビットコインを借りることを言います。

現物取引では用意した資金の範囲内でしか購入することが出来ません。逆を言えば、背負うリスクは投資した資金の範囲内になります。つまり、たとえビットコインの価値が0円になったとしても、借金をすることはありません。

反対に、信用取引では用意した資金以上の金額で売買取引が行えますが、背負うリスクも投資額以上になります。そして、ビットコインの価値が0円になってしまった場合、借りていたものを金利付きで返さなければいけないため、借金を背負ってしまう可能性があります。

悩む

現物取引ではビットコインの所有者は自分になるので、別の仮想通貨に投資したり買い物をしたりと自由に使用することが出来ますが、あなたが所有している分しか売ったり使用することが出来ません。

しかし信用取引ではビットコインは借りている状態なので、別の仮想通貨に投資したり買い物をしたりは出来ませんが、借りたものを売って買い戻して返すという売りからの取引をすることが可能です。

つまり、現物取引では買いからしか入ることが出来ませんが、信用取引では買いからと売りからの両方から入ることが出来るのです。

現物信用

以上のように、ビットコイン購入の際には取引所か販売所、現物取引か信用取引のどちらかを選ぶ必要があります。それぞれのメリットデメリットを踏まえ、自分のお好みで選択するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。以上の知識があれば誰でもすぐにビットコインを購入することが出来ます。あなたもぜひ、お金の未来を変えるであろうビットコインを購入してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓ここからすぐアカウント開設できます↓↓↓

bitFlyer