!シェアご協力下さい!

日本でのビットコインの税金

ビットコインと税金

ビットコインに関する日本の法律というのは特殊な扱いになっており、税法が関与するケースが状況によって大きく異なります。

また、税法だけではなくその他の法律に関しても、所持者の主張が認められるケースが多くなっているので、ある意味「無法地帯」となっているのが現状です。今回は、そんなビットコインに関する税金についてご紹介していきます。

税務署

ビットコインを所持していても税金を払わなくてもいいの?

今日では日本から海外の品物やサービスを購入する際に、ビットコインで取引をすることも多くなってきました。また、IT企業を中心として海外企業との取引に、簡単な決済ならビットコインで取引を行うという場面も多くなってきましたが、日本でのビットコインの取引の場合は、税金の計算が少々面倒なことになります。

例えば、商品を購入する際にビットコインで支払いをした場合で、それを試算表や決算書に記録する場合は、取引当時のビットコインの相場を算出して、その金額が減ったという形式で税金の計算を行うということになります。

また、商品を販売してビットコインの収益を得た場合も同じ計算となりますが、収益を計上しない場合は、税金を支払う必要がないということになります。

ビットコインの税法上の区分としては「電磁記録物」という扱いになっていますので、極端な話をすれば、オンラインゲームなどで使われるゲーム内の通貨と同じ意味合いとなっています。

その時点では「価値がない」と判断されるので、現在の日本国の税法上では「ビットコインに関して税金申告の義務がない」ということになります。

ゲームハード

ビットコインの税金計算

上記でも少しだけ紹介しましたが、状況によってビットコインの税金計算は大きく異なりますし、そもそも税金を納める必要もないために、最近では海外と取引をしている企業を中心として、ビットコインでの取引が増えてきています。

しかし、増えてきていると言っても、世界的に見て日本のビットコイン所有率は1%にも満たないとされています。これは、日本国内でビットコインを利用する場所が少ないということと、ビットコインの安全性が確立されていないということに繋がるものだと思われます。

電卓

まとめ

これから先、ビットコインが広く世界に認知され始めると、ビットコインの価値が高まりますが、価値が高まったからといって日本で使用できる場所が多くなるとは限りません。

現在、世界では広く使われているスマートフォンのアプリケーションでも「日本人に馴染まない」とされているものは沢山あり、名前すら知られていないということも多いです。

例え世界で数億人が使用していても、日本人は閉鎖的な側面があるので、多くの人が知らないことというものは沢山あります。

日本のビットコイン