!シェアご協力下さい!

日本でビットコインが流行らない理由

日本でビットコインが流行らない理由

日本でビットコインが流行らない理由として、「使える店舗が少ない」ということと、「ビットコインを使うなら現金で支払う」という文化が定着していることが挙げられます。

最近ではスマートフォンやタブレット端末を持っている人が増えてきているために、WEBマネーを交換してゲームをプレイしたりアプリケーションをダウンロードしたりする人が多くなってきて、WEBマネーに関してはかなり浸透してきていると思われます。

しかしビットコインに関しては、持っていても使える店舗が少ない。使えないのなら、それは「価値がない」ということと同義なので、現在の日本ではビットコインが普及していないポイントとなっています。

日本でもビットコインが使える店舗は増加中

日本では実際にビットコインで支払いができる店舗というのは約10店舗程度しかありません。しかし、WEBサービスをはじめとするインターネット上でサービスを配信するコンテンツを提供している企業は続々と増えてきているために、日本国内でも使える店舗数は多くなってきています。

法整備と一般人に認識されるシステムを構築しなければならないので、時間がかかるとは思われますが、それでもあと10年もすればビットコインも他の電子通貨と同じように日本でも普及することでしょう。

日本のビットコイン

海外のサービスを利用するのならビットコインが早くて安い!

ビットコインのメリットの一つに「海外の決済サービスで利用する」ということがあります。通常、日本から海外のコンテンツで買い物などをした時の決済手法としてはクレジットカードでの支払いと現金での振込の2つとなっていますが、どちらを選択しても手数料が数%~十数%掛かることが知られています。

しかし、ビットコインの場合は基本的に手数料が無料となっていて、手数料がかかるケースでも数十円程度のものとなっているので、海外のサービスを利用する際の決済手段としてビットコインを使うと安くなることが多いです。

そして、リアルタイムで取引が可能なので、時間がかからずすぐにサービスを利用することが出来るのも特徴の一つとなっています。

ポイント

まとめ

まだまだ日本国内ではビットコインの普及率が低くなっていて、日本で国産の商品だけを見ているのなら必要のないものかもしれません。

しかし、海外のサービスを利用することを考えると、「早くて安い」という他の決済手段には無いメリットが多くなっているので、グローバル化が進んでいる日本でビットコインでの決済手法が定着するのも時間の問題ではないでしょうか。

舞うお金