!シェアご協力下さい!

ビットコインの安全性

ビットコインが日本で浸透した理由

ビットコインが日本で浸透した理由としては、「ある事件」が発端になっているとされています。それは、2014年2月に申請された「MTGOXの破産宣告」です。

MTGOXというのは、ビットコインの取引所である「マウントゴックス」を運営する企業となっていて、破産の理由については、公式には「ハッカーの攻撃を受けて、75万ビットコイン及び、預かり金28億円が消失した」とされています。

利用者から預かっている28億円と、75万ビットコイン(当時レートでは1ビットコインあたり600USドル)の消失ということで、被害総額は、約5億ドル。日本円換算で500億円程度とされています。

恐怖

ビットコインの安全性

ビットコインというのはP2Pシステムを流用した電子通貨の一つとなっていることが特徴となっていますが、P2Pシステムというのは、どこかの企業が管理していてその管理されている枠内でサービスを利用するというシステムではありません。

完全に、「個人対個人」の利用に限られるのが特徴となっているので、利用者によって善にも悪にもなるという特徴が隠されています。そのため、全ての利用者が安全に使用している限りは問題がありませんが、心無い利用者が悪用しようとすると、とんでもない被害になることが懸念されているので、難しい問題だと思われます。

特にビットコインというのは、「各国の通貨と交換することが出来る」ということから価値を高め、通貨と同じ効果を持っているという認識まで高まっているといっても過言ではありません。

日本では、まだまだ浸透していませんが、アメリカやヨーロッパなどの先進国では利用者も多く、レストランやホテルなどでもビットコインでの支払いが出来るサービスも多くなっています。

ハッキング

ビットコインと日本

日本人というのは、とにかく「安全」であるということに誇りを持つ民族でもあります。例えば、自動車のリコールに関しても、飲食物に異物が混じっていたというようなことでも、どこかからクレームが入れば全商品を回収するというほどの徹底ぶりです。

このような民族性を持っている日本でビットコインを浸透させようとするのなら、安全性が確立されない限り難しいことでしょう。日本人の特徴としては、「高くても安全なものを買う」ということが挙げられます。

最近は長引く不況で、「質よりも値段」に移行しつつもありますが、「不鮮明なものを購入する」ということが少ない民族となっているので、これからのビットコインの動向に期待したいと思われます。

任せてください

まとめ

ビットコインにまつわる事件としては2014年のMTGOXの事件が日本で大きく報道されていますが、世界的に見ればこのような事件が規模は違ってもいくつか起こっているので、それらの問題が解消されない限り日本でビットコインが通貨として浸透するのは難しいのではないでしょうか。

屋上