!シェアご協力下さい!

ビットコインの使い方

ビットコインを使うにはウォレットが必要

ビットコインというのは、実際の硬貨やメダルのように、現物として実在しているわけではありません。あくまでも「電子通貨」として利用されているだけなので、取引を行うには「ウォレット」と呼ばれる、財布の機能を持ったアプリケーションが必要となります。

現金でビットコインの取引を行うためには、アメリカの銀行口座が必要となるケースが多いのですが、ウォレットを使えば簡単に安心してビットコインを利用することが出来ます。

このウォレットにも様々な形式があり、主には、パソコン内に保存するタイプ、スマートフォンで管理するタイプ、そしてオンラインでサービスを利用するタイプの3つに分かれます。それぞれの形式によって、一長一短の特徴がありますので自分に合ったシステムを利用するようにして下さい。

ビットコインいっぱい

海外のサービスで使用する

ビットコインを使う場面としては、今のところ海外のサービスを利用する際が多いです。日本国内では、ビットコインによる決済手段がまだ確立されておらず、全国的にも1,000店舗くらいしかありませんので、有用性が低いということになります。

しかし、海外のサービスを利用されている方にとっては、手数料が安くなり、決済に掛かる時間も短くなるということで、好評の取引手法となっています。「海外のドラマを放送直後に見たい」「オンライン英会話を利用したい」「海外の最新のシステムを使いたい」というような方は、ビットコインの方が、総額の費用が安くなるケースも多いかもしれません。ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

日本のビットコイン