!シェアご協力下さい!

ビジネスローンと公的融資の比較

ビジネスローンとは

近年耳にすることが多くなったビジネスローンですが、これは簡単に説明するとローンの企画商品の一つであり、事業を行っている人のためのローンとなっています。特徴はというと、スピード決済、無担保、第三者による連帯保証人の必要がないといった部分になります。

細かい条件などはそれぞれの銀行によっても違ったものとなっていますが、大まかな特徴としてこのようなものが挙げられます。中小企業などが事業資金を融資で準備する場合の定番ともなりつつあるローンですから、融資をお考えの事業主の方には、ぜひ知っておきたいものとなります。

5人チーム

とっても便利なビジネスローン

事業を行っている人にとって資金を準備するということは絶え間なく常に頭にあることになります。運転資金をはじめとしてつなぎ資金、設備投資などもありますし、時には急に資金を準備する必要があるということもあります。

急に資金が必要となった場合には、銀行からの融資も時間がかかったり審査が厳しかったりということで間に合わないということもあります。しかし、事業を継続するとなると何とか資金を準備しなければならないため、とても厳しい場面が多く出てくるのです。

こういった場合に便利になってくるのがビジネスローンです。金利などの問題もありますが、準備に時間がないという場合には、ビジネスローンを検討してみてはいかがでしょうか。

面談

ビジネスローンの比較

ビジネスローンの取り扱いをしている主となっているのは銀行です。それ以外にもノンバンクと呼ばれる消費者金融なども取り扱いを行っています。銀行のビジネスローンも金利は高めの設定となっていますが、ノンバンクはさらに金利が高いことが多く、利用を考えるのであれば銀行が得策となります。

比較ポイントとなってくる点はその他にもあり、融資が行われるまでの時間や審査に通りやすいということなども比較対象にあたります。また総量規制の対象外でもありますが、こういったメリットとなる点も考慮しながらも返済できるのかをきちんと考える必要があります。

ビジネスローンは他の融資とは違い、ノンバンクというだけでなく返済できるかを審査するというよりも貸せるかどうかの審査といった雰囲気のものとなっていますから借りやすいということはありますが、返済が苦しくなる可能性も十分に考えられます。あくまでも返済できる余裕を持った計画の中で利用することが大切なポイントとなります。

屋上

ビジネスローンと公的融資の比較

ビジネスローンは資金の準備までに時間がないという場合にはとても便利な存在となっており、事業を行っている人にとっては欠かすことのできない存在となっています。しかし、時間に余裕があればビジネスローンよりも公的融資を検討することをおすすめします。

確かに公的融資と比べてもビジネスローンは手軽に利用できるものとなっていますが、金利が高いという点はどうすることもできません。時間に余裕があるのであれば、少しでも金利の低い公的融資を選択することでその後の返済が楽になるでしょう。

金利はちょっとした違いであっても返済の期間を考えると大きな違いとなる可能性が十分にありますから、円滑な事業を行うためにはやはり少しでも負担の少ないものを選択する必要があります。

分かれ道

ビジネスローンのチェックポイント

ビジネスローンを利用する際にはいくつかチェックしておきたいポイントがあります。すぐに借りることができるからということで安易な判断で利用してしまうようなことがあると後で大変な思いをすることにもなりかねませんから気を付けましょう。

チェックしておきたいポイントは、金利、限度額、保証人の有無、担保の有無、融資が実行されるまでの期間、使用用途に制限があるのか、最長借入期間といったことになります。また、来店の必要があるのか、振込融資サービスがあるのか、銀行やコンビニのATMを利用することができるのかといったこともチェックしておくとよいでしょう。

もう一つ重要なポイントとして悪徳業者ではないかという点です。これはかなり重要なポイントとなりますから、しっかりチェックすることが必要です。悪徳業者に一度関わるとかなり大変な思いをすることになりますから、十分に気を付けましょう。

また、返済がでできるのか不安があるような場合には安易に融資を受けるということではなく、公的融資を検討して事業計画など事業の相談も行うことでより良い方法を見つけることができる可能性があります。

ビジネスローンは事業を行っている人にとってはすぐに融資を受けることができるなどメリットのあるものとなっていますが、その時々の状況に応じて利用する判断を行うことも大切なことになります。長い目で考えるのであれば公的融資のように金利の少しでも低い融資を検討した方がよいものとなります。

チェックリスト