!シェアご協力下さい!

ネット銀行の比較

ネット銀行の概要

ネット銀行はネットバンキングやネットバンクとも呼ばれ、日本で初めてネットバンクができたのが2000年の事でした。最初に出来たのがジャパンネット銀行で、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行の5つの純粋なネット銀行があります。

大和ネクスト銀行もネットバンクですが、出資元が大和証券グループ本社の、100%全額出資会社という側面を持つ為、純粋なネットバンクとは言えませんが、人気のあるネットバンクのひとつです。他にもオリックス銀行、SBJ銀行、東京スター銀行などのネットバンクがあります。

それぞれのバンクの特徴を比較してみると、全体に共通しているのはやはり通帳の無い銀行ということがありますが、現金の引き出しを行う為に、全てのネットバンクではクレジットカードが共通の媒体として使われています。

まさにペーパーレスの世界を絵に書いたような世界が、このネット銀行の在り方ですが、勿論取引明細などはネット上からプリントアウトを行う事で、手にする事もできます。

サービスの基本的な内容は、銀行と同等のサービスですが、ネットバンクならではのサービスが充実している事も、一般の銀行には無い部分です。

笑う赤服の女

ネット銀行を特徴で比較

じぶん銀行

通信会社であるKDDIと、三菱東京UFJ銀行の共同出資で作られたのがじぶん銀行です。その特徴としては、ATM出金手数料が無料で、回数には制限がありません。以前はauユーザー限定の特典がありましたが、2016年でそのサービスは終了しています。ただし、auの契約年数に応じたau STAR特典は残されています。現在はじぶんプラス制度の実施で、利用状況によって他の銀行宛て振込手数料の無料回数が増えたりするシステムがあります。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、SBI証券と連動させる事で利用できる、ハイブリッド預金が魅力の商品で、普通預金金利が0.001%から0.01%にアップする特典がありますが、現在120万円まで課税されないNISA口座がありますので、本格的に長期運用での投資を行うのであれば、こちらをお薦めします。じぶん銀行と同様に、自分のランクによって、ATM出金手数料や振込手数料の無料回数が、増えるシステムになっています。ネット銀行利用者が、資産運用に用いる事を前提にした銀行という事もあり、SBI証券と連動させた取引は、資金を動かすのには好都合と言えます。

新生銀行

新生銀行はネット銀行の中でも、ATMの使い勝手のいいネットバンクとして知られ、大手のコンビニのATMトップ3社に対応しているのが心強いものです。またミニストップのイオン銀行やゆうちょ銀行、JR東日本の駅構内にあるATMでも出金手数料が何回でも無料と言うのが利点です。さらにTポイントを獲得できるサービスもあります。

イオン銀行

イオン銀行は、普通預金金利の高さが魅力で、ネットバンクの中では最高水準の金利を誇る上に、クレジットカードであるイオンカードセレクトを保有する事で、普通預金の金利が大幅にアップするメリットがあります。またクレジットカードには、電子マネーの「WAON」が付与されており、オートチャージした際には0.5%分のポイントを獲得する事ができます。同時に系列のスーパーなどの利用には、お買い物特典も付いています。

ソニー銀行

ソニー銀行の魅力は、セブンイレブンとミニストップでは、いつでも何回でも出金手数料が無料で、ほかのコンビニでも回数制限こそありますが、無料で行う事ができます。また、信用格付機関による評価で、大手のメガバンクにも引けを取らない格付けをされているのも高評価されています。

PCの前に金

ネット銀行を金利で比較

銀行預金と比べても、非常に金利の高いと言われるネットバンクですが、実際のところどの位の違いがあるのでしょうか。2017年5月現在において、各ネットバンクの金利を比較してみると、このネットバンク同士であっても、かなりの金利の違いがある事がわかります。

まずネットバンクの特色として、各社で様々なキャンペーンを実施しているところにありますが、このキャンペーン中に預金する事で、更なる金利が獲得できますので、利用しない手はないと思われます。しかしじぶん銀行のように、100万円以上という制約付きが多い事がありますので、ご自分のスタイルに合わせた預金が必要となります。

ネットバンキングを比較する際には、自分がどのサービスを一番利用するのかをきちんと見定めて検討する事が必要で、普通預金と定期預金の金利差、そして頻繁に振り込みを行うのであれば、かえってATMや振込手数料が無料になるサービス付きの方が自分に有利になる事もあります。お金というものは金利で増やすよりも、利息によって減らさない工夫をした方が効率的な場合も多いものです。

ネット銀行の比較をしてみると、サービスの内容は魅力的なものが多いという事がよくわかります。ただし、そのどれもが制約や一定の条件などがある場合も多く、自分の生活スタイルに合わせたサービスを利用して行くのが一番でしょう。

パソコンで申し込み