!シェアご協力下さい!

ネット銀行とは

ネット銀行とは

ネット銀行とはネットバンクやインターネットバンクと呼ばれる銀行の事で、インターネットを介して今までの銀行とは違う方法で、新しく便利なサービスなどを提供しています。通常の銀行同様に、多くの金融業務を営むネット銀行ですが、大きく違うのは現実世界に店舗を持っていないという事が挙げられます。

またネットバンクの特徴として、口座番号や支店名などわからなくとも、相手のメールアドレスと名前だけがわかれば振込ができてしまうというサービスもあり、手軽で時間短縮となります。さらにネット上で商品などを購入した場合にも、決済に利用できるというのが、非常に便利な機能として挙げられるでしょう。

ネット銀行が店舗を持たないという理由は、店舗が必要ないからです。利用者は、わざわざ銀行まで行く手間が省け、残高や利用項目などリアルに見る事ができますので、家から出ずに生活する事さえ可能にしていると言えます。また、取引明細書が必要な場合も、プリンターがあれば簡単に印刷できますので、自宅のパソコンで自由なやり取りが行えるわけです。

PCから金

ネット銀行のメリット

ネット銀行とは、店舗を持たないインターネット上にある銀行ですので、店舗にかかる家賃や維持費なども必要としません。もちろんネットで運営していますので、保守作業やメンテナンスは、人の手を借りて行わなければなりませんが、通常の銀行のように多くの行員を必要としていないわけです。

つまりそうしたコストがかからない分、サービスに反映させている事も多く、金融庁の政策であるマイナス金利政策の真っただ中でありながら、通常の銀行の金利と比べても、非常に有利な金利条件を実現させているわけです。

ネットで営業しているのなら、現金が必要な時はどうするんだという声が上がりそうですが、ご心配なく。ネット銀行はコンビニなどのATMを利用できるところが多く、しかも1年中、土日祭日であっても24時間、現金の入出金が可能になっており、振込み手数料が格安や無料という事もあるのです。

また、送金なども同じ銀行であれば、いつでもリアルタイム送金ができ、通販などの支払いも即座に行う事ができます。自動振り込みサービスもあり、万が一ネット銀行がつぶれても、預金保険の対象となっています。

PCから手

ネット銀行のサービス

ネット銀行の主な商品やサービスは、通常の銀行のように預金や融資を始め、振込や口座振替などの給与受取サービスや定額自動入金サービス、ネットショップなどを利用した銀行引落や即時決済サービスを行う事ができます。

またカードも使用でき、ATM利用に使えるほか、インターネット募金やポイント換金の受取りなどもでき、年金受取サービスなども実施しています。

まさにネットならではのサービスが多く、外貨普通預金、外貨定期預金、外貨積立、外貨送金受け取り、外貨送金、外貨即時決済、米国雇用統計、純金積立などとネットでなければできないサービスが満載です。

本格的な投資の分野では、FXを始めとする投資信託や債券の取り扱いも行っており、ロボアドバイザーによる自動資産運用サービスなどを、行っているネット銀行もあります。

他にも保険などのラインナップも多く、医療&がん保険、死亡保険、自動車保険、火災&地震補償保険などの商品も取り扱っているのです。また多くの公営ギャンブルのネット投票も可能で、JRAや地方競馬、ボートレース、競輪、オートレースのほか、LOTOやBIG、totoなどの宝くじの販売も行っています。

競馬

ネット銀行活用術

インターネットを多く利用している方のほとんどは、このネット銀行を活用している方が多いと言えます。これは特に、ITの盛んな世の中になったからではなく、それだけこのネット銀行が便利だからという理由から来るものです。もちろんネット銀行を活用すれば、手間があまりかからずネットショップを開く事ができますし、オークションサイトもこうしたネット銀行を利用して行う事ができます。

銀行も以前よりも随分便利になっており、現在はいちいち待つことなく、クレジットカードでの引き落としや、振り込みができる世の中になってきました。しかし、そうしたATMも時間によっては込み合う事も多く、現金の引き出し以外の方も多い為、給料日などの現金引き落としには、時間がかかり不満も募るというものです。

ネット銀行は、インターネット環境さえあれば、どのような端末でも取引できる為に、スマートフォンからでもパソコンと同様のやり取りが可能になっています。つまり株取引でもFXでもスマートフォンさえあれば、ほとんどのサービスが自由に利用できる事になるわけです。

ネット銀行とは、ネット環境さえ整っていれば、どこでも取引や申し込みなどが可能になっています。ひと昔前まではパソコンが主流でしたが、現在はスマートフォンを始めとするモバイル製品も増え、ますますその利便性に拍車がかかっています。

赤い服の女