!シェアご協力下さい!

ネットバンキングの種類

一般の銀行のネットバンキング

店鋪型の一般銀行も、今やネットバンキングのサービスを提供しています。三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJダイレクト」やみずほ銀行の「みずほダイレクト」など大手銀行はもちろん、地方銀行でもサービスを提供しているところは多くなっています。

一般の銀行のネットバンキングのメリットは、ネット上での取引に加えて、窓口やATMといった通常の店鋪機能も使えるということ。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、後ほどご説明するインターネット支店や、ネット銀行は実際の店鋪がありませんので、万が一ネットが繋がらなかった時に、店鋪での取引ができるのは、一般の銀行ならではの強みとなります。

逆にデメリットとしては、ATMの使用料や定期預金、普通預金の金利が、ネット専業の銀行よりも低いケースが多いということがあげられます。

メガバンク

一般の銀行のインターネット支店

一般の店鋪型の銀行が、ネット上にも支店を設けているケースがこちらになります。ネットバンキングが、オンラインで銀行取引ができる「サービス」であるのに対し、インターネット支店はその通り「支店」です。

現金の出入金は提携しているATMで行い、取引はネット上で行います。銀行によっては、金利が高かったり、手数料がお得であったりと、ネット支店独自のメリットを設けています。

見直す

ネットバンク

楽天銀行やジャパンネット銀行など、ほぼ店鋪を持たないインターネット専業の銀行になります。一般の銀行のインターネット支店同様、現金の出入金は提携しているATMで、取引はネット上で行います。

ネットバンクは店鋪を持たないため、銀行側も人件費等様々なコストを削減できます。まさにインターネットの恩恵ですね。そしてその分、ATM手数料や振込み手数料が無料であったり、高金利であったりと、ユーザー向けの様々なサービスに還元しています。

デメリットとしては、公共料金の引き落としができなかったり、一部クレジットカードに対応していないネットバンクもあるということ、そして設定したIDやパスワードを万が一忘れてしまった時に、取引ができなくなってしまうということ。

IDやパスワードは、コールセンターに連絡することで再発行もしてもらえますが、非常に煩わしく、手間がかかります。忘れないようメモ等をとって、安全な場所に保管しておきましょう。

めもめも

外出先からも取引が可能

今やスマートフォンやタブレット端末からも、ネットバンキングを利用できる銀行もあり、外出先から携帯でさくっと取引ができてしまったりもします。

まだネットバンキングを利用したことがない人は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

コーヒーとスマホ