!シェアご協力下さい!

ソフト闇金とは

ソフト闇金とは

出資法や貸金業法やが改正されて、高利貸しのような悪徳有業者が表立って活動する事が出来なくなってきましたが、逆に地下で暗躍する闇金融の問題が出て来ています。こうして地下にもぐってしまった闇金融業者は、警察などに知られないような手口で利用者と接触を図っていますが、一方で利用者側からわざわざ出向くようなソフト闇金という業者の存在もあります。

こうしたソフト闇金業者の特徴は、従来までの闇金のように、乱暴な手口を行わないのがその特徴で、利用者に優しく接しているスタイルを取っています。ほとんど、厳しい取り立てや脅迫めいた請求は行わないのがこの闇金の特徴ですが、実際の業務は闇金と一切変わらず、高利の金利で貸し付けを行っているものです。

金貸しを違法な職業としている輩は、警察に検挙されるとその間仕事ができなくなりますので、逮捕されないように行動しています。従来のような取り立ての手段では、直ぐに捕まりますので無理やり催促する事はせず、そのおかげで利用者からの信頼も得ているといった形で営業を行っています。

手数料

ソフト闇金の手口

ソフトな闇金というのはともかく従来までの乱暴な取り立てを一切行わないのが特徴で、逆にこれが利用者の信頼を得る事に繋がっている為に、なかなか取り締まる事が出来ないタイプの闇金融業者です。

その手口の中身は、利用者に親身な対応を行い、返済が遅れそうな場合は多少の融通などを効かせてくれるのが特徴で、とにかく厳しい取り立てや催促が少ない為に利用者側も親身になり返却しようと協力的になる事が多いようです。

インターネット上のサイトでもよく見かけるソフト金融なども、同じタイプの金融業者ですが、いくら小ぎれいに飾っていても中身は闇金のシステムそのものなのです。どの業者でも短期間で10%以上の利息が掛けられている場合が多く、10日間で利息20%や7日周期で30%の利息など、巧みな言い回しでさも合法であるかのように着飾っています。

正規の金融業者の提示する金利は、年利を表しているもので、法改正以降は最高金利であっても18%が上限である事を理解しておきましょう。闇金は短期での利率を示している事が多く、その多くは年利に直すと730%とか年利1564%にもなるのです。

ショック

闇金融の恐ろしさ

こうした闇金の特徴は、短期間で法規則内の金利を巧みに提示している事が多いものです。通常の金融業者では、金利表示が年利の事を表しているのですが、闇金融業者は数字のマジックを巧みに利用しており、実際の金利に直すと2000%以上になる事もざらにあります。

例えば10万円を借りた場合、1年間返済しなかった時には、その10万円は200万円に膨れ上がる事になります。返済できない場合にはこれまで温厚であった態度が一変して豹変する事も多く、まずは知られたくない家族や職場にまで連絡を行うケースも珍しくなく、第三者への連絡などを行いながら脅しをかけていきます。

また闇金業者の特徴としては、型にはめるという用語を使い、借金地獄にわざと落としていく事も多く、横のつながりのある別の闇金を利用させて次々と借金を重ねさせるという図式も出来上がっているのも事実です。

若い女性などは、こうしたルーティンにはめられ、ソープなどで身を売る事も少なくありません。ともかくお金を借りる場合に、こうした業者に引っかかった場合には、傷口が広がらない内に専門家へ相談しましょう。

借金地獄

違法金融業者の見分け方

世間ではいまだに、闇金と正規の金融業者の見分けがつかない方がいるようで、消費者金融業者を闇金と間違えている方も大勢いるようです。消費者金融は、法律に則ってお金を貸している業者ですので、違法操業などは行っておらず、サラ金などと同様正規で届け出を行っている金融業者です。

ただし、小規模で営業を行っているような街金などの業者は、消費者金融を隠れ蓑にして裏で違法な金貸しを行っている場合もあるといいます。したがって、よく見かける消費者金融業者は闇金などではありません。取り立てに対しても返還義務があるのは、あくまでも借りた契約者本人のみで、家族や兄弟、恋人への取り立ては禁止されていますので、無理して自主的に家族が返済する必要な無いのです。

ただし、本人以外であっても弁済を申し出てしまうと今度はその方にターゲットが移動してしまう事になりますので、非常に危険な行為と言えるでしょう。最初は規律を守っていても、いきなり豹変する事も多く、お金を借りる際には必ず金利を確かめてから借りるようにしましょう。

ソフト闇金は見た目がやさしく、あたりがとても柔らかなのでついつい安心感を抱いてしましますが、そこが相手のつけ目でもあります。まず借りる前には、金利を良く確かめて年利計算で18%を越えていないかを確かめます。

ポイント