!シェアご協力下さい!

サラリーマン大家で成功するには

サラリーマン大家とは

サラリーマン大家とは、サラリーマンである本業とセカンドビジネスとして不動産投資に勤しむという2足の草鞋を履く事を言い表す言葉です。実はこの現象には、とある本がきっかけになっていると言われており、それがサラリーマンのバイブルとも呼ばれる、金持ち父さん云々という本の存在だと言われています。

もともと不動産投資と呼ばれているものは、土地を多く所有する者達のビジネスであり、地主でなければならないという事もあって、投資方法としては一般的ではありませんでした。しかし、元手さえあれば誰でも簡単にできる方法だという事もわかり、近年では個人投資家や初心者であっても、不動産投資を行うようになってきたのです。

投資のコツは蛇口を作る事であり、投資とは別の収入源を確保する事を意味しています。サラリーマンは、会社に勤務し給与を得ていますので、元々個別に蛇口を作らなくとも所持している事になりますので、ローンの組める余力さえあればもともとこうした不動産投資が行える下地があったという事になります。

シルエット

金持ち父さん貧乏父さん

本のタイトルは、金持ち父さん貧乏父さんというものになりますが、金言バイブルとしても自己啓発セミナーなどで使用されていた本になります。本の内容に描かれている、金持ち父さんと貧乏父さんは実在する人物ではないと言われますが、内容は興味深いものがあり、投資における考え方の道標として利用される事もあります。

この本の中には金持ち父さんと貧乏父さんの口癖が書かれていますが、メッセージとしては共感できるものや共感できないものがある一方で、結果的には納得できる部分も多く見られます。特に貧乏父さんはお金に対して謙虚で、自分より他人をいたわるような性格であり、誰しもうらやむような高学歴を誇り、勤勉に務めたにも関わらず一生お金に苦労する事になるという結末が待っています。

確かに官僚を始め、経済界には高学歴を誇る人物が目白押しである事は理解できますが、一方で高学歴を持ち合わせていながらコンビニでアルバイトを行っている輩も実在します。一つのコンセプトとしても役立つ事も多く、非常に興味深い内容になっています。

金持ち黒人

資産と負債の定義

お金よりも大事なもの、かけがえのないものは確かに存在し、愛する者の心などは決してお金では買えないものとされています。愛があれば、貧乏でも構わないという若い方もおられますが、実際にお金が無くては生きてはいけず、路上生活者という末路が待つことは否めません。

金持ちが言うことわざに、借金も財産のうちと申しますが、まさに資産と負債の定義がその関係性を示しており、資産とは陽の財産であり負債は陰の財産です。しかし、負債を抱えていても資産として活用していれば、運用次第ではその資産から富が生まれていき、やがてはその負債も消えてなくなっていきます。

こうした仕組みがまさに不動産投資の形であり、上手く負債を抱えながら上手に資産として運用して行く事で、富を生み出す事ができるのです。まず基本は資産運用を行わなければ、資産は増えてくれないという事です。

もちろん働く事によって、給与を得ることは出来ますが、誰しも一生健康で働けるとは限らないのです。セカンドビジネスを持つ事で、人生の危険度を分散できるメリットがありますし、老後問題にも寄与してくれる事でしょう。

おかねほしい

不動産投資は計画性が大事

サラリーマンの不動産投資においてその人気の理由は、株や為替相場取引のように銘柄や為替のチャートを頻繁に見る必要がなく、ある程度放置気味でも運用が行えるという点です。仕事を行いながら投資を行う難しさは、誰しも理解の行く事で、細かな判断力を必要とする投資方法は、サラリーマンには不向きな投資方法となります。

しかし、不動産投資であっても一定の勉強が必要であり、常に学習を怠っていてはいざトラブルが生じた時に対処する事ができす、最悪は不動産を手放す事にもなりかねません。その為に最低限の知識を持ち、計画性を持って運用を行なっていくという事はことのほか大切な事と言えるでしょう。

また利回りと実際の利益は違いますので、購入の際には専門家の意見を取り入れていかなければなりません。そして、キャッシュフローの計算を行い、常に不動産を把握しておく事も大事な作業と言えます。

なぜなら実際の利益は出ていても、その利益以上にローンの支払いや税金の支払いが多くなる事も考えられ、黒字破たんという事もあり得るからです。

サラリーマン大家になる為には、まず不動産の投資方法を良く学ぶ事から入る事が、確実な方法と言えます。また収益率や、その時点での売却益などを計算しておく事で、将来の計画も細かく行えるようになるという利点があります。

めもめも