!シェアご協力下さい!

グランビルの法則とは

グランビルの法則とは

グランビルの法則とは、為替レートと移動平均線から売買のタイミングを判断する手法で、アメリカの有名アナリスト、グランビル氏によって生み出されました。移動平均線を使うチャート分析の基本として、現在も世界中で学ばれており、株やFXのトレーダーで知らない人はいないと言っても良いほど有名な法則です。

FXはチャートと呼ばれるものを見て取引をします。まずはこのチャートの見方を覚えなくては、FXは始められません!ここでは、とっても簡単にFXチャートの見方について解説していきます。
FXのチャートでは、ローソク足とともに移動平均線を見て売買のタイミングを見極めるのが基本です。移動平均線の見方を理解すれば、さまざまなサインが読み取れるようになります。今回はこの移動平均線についてご紹介いたします。

ルーペとチャート

グランビルの法則では、移動平均線において8つの売買ポイントを見極めることが出来ます。この8つの売買ポイントは、買いポイントが4パターン、売りポイントが4パターンの計8つの法則からなります。

買いポイントとは、このあと上昇トレンドに入る可能性が高く、買いで入ると良いポイントのことを言い、売りポイントとは、このあと下降トレンドに入る可能性が高く、売りで入ると良いポイントのことを言います。

グランビルの法則

グランビルの法則~買いポイント~

まずはグランビルの法則の買いポイントについて見ていきましょう。

買いポイント①

移動平均線が下落した後、横ばいまたは上昇し、ローソク足(レート価格)が移動平均線を下から上へとクロスした場合が買いポイント①です。下降トレンドが終了し、上昇トレンドへと変わることを暗示する、非常に重要な売買ポイントです。

買いポイント②

移動平均線が上昇していて、ローソク足(レート価格)が移動平均線を上から下へいったん割り込んできたタイミングが買いポイント②です。おもに上昇トレンドが発生した初期段階で見られ、そのあとの上昇を見越して下降時に買う「押し目買い」と言われるポイントです。

買いポイント③

上昇する移動平均線の上にローソク足(レート価格)があり、移動平均線に向かって下落するもクロスはせずに再び上昇するタイミングが買いポイント③です。上昇トレンドの際に見られる動きで、このあともトレンドが継続することを暗示し、こちらも押し目買いのポイントになります。

買いポイント④

移動平均線が下落していて、ローソク足(レート価格)がそれを大幅に下回り、大きく離れた時が買いポイント④です。下落が加速し、移動平均線が相場の下落に付いていけない状態を表します。これは非常に危険な逆張りなので、買いを入れるタイミングには注意が必要です。

グランビルの法則~売りポイント~

では次に、グランビルの法則の売りポイントについて見ていきましょう。

売りポイント①

移動平均線が上昇した後、横ばいまたは下落し、ローソク足(レート価格)が移動平均線を上から下にクロスした場合が売りポイント①です。上昇トレンドが終了し、下降トレンドへと変わることを暗示する、非常に重要な売買ポイントです。

売りポイント②

移動平均線が下落していて、ローソク足(レート価格)が移動平均線を下から上へいったん割り込んできたタイミングが売りポイント②です。高値更新にトライするも失敗したことを表し、おもに下降トレンドが発生した初期段階で見られます。押し目買いの逆で、そのあとの下降を見越して上昇時に買う「戻り売り」と言われるポイントです。

売りポイント③

下落する移動平均線の下にローソク足(レート価格)があり、移動平均線に向かって上昇するもクロスはせずに再び下落するタイミングが売りポイント③です。下降トレンドの際に見られる動きで、このあともトレンドが継続することを暗示し、こちらも戻り売りのポイントになります。このポイントは瞬間的に相場が大きく下落し、そのあと一気に反転する可能性もあるため、一瞬で見極めることが必要になります。

売りポイント④

移動平均線が上昇していて、ローソク足(レート価格)がそれを大幅に上回り、大きく離れた時が売りポイント④です。上昇が加速し、移動平均線が相場の上昇に付いていけない状態を表します。買いポイント④同様、非常に危険な逆張りなので、売りを入れるタイミングには注意が必要です。

グランビルの法則の使い方

グランビルの法則を使って取引をするには、まず相場全体を見て、現状の波がどんな局面に位置しているのかを把握します。その上で、どのポイントでエントリーし、どのポイントで利益確定するのか売買ポイントを見極め、もしも法則通りに動かなかった場合には損切りするようにしましょう。では、上昇トレンドと下降トレンドそれぞれの例をご紹介致します。

上昇トレンドの場合

まずは上昇トレンドの初期段階で「買いポイント②」でエントリーします。そしてもしチャンスがあれば「買いポイント③」で追加エントリーをします。最後に「売りポイント①」が出たところで利益確定です。その前に「売りポイント④」が出た場合にも利益確定をしましょう。

下降トレンドの場合

まずは下降トレンドの初期段階で「売りポイント②」でエントリーします。そしてもしチャンスがあれば「売りポイント③」で追加エントリーをします。最後に「買いポイント①」が出たところで利益確定です。その前に「売りポイント④」が出た場合にも利益確定をしましょう。

実際のチャート上で見るグランビルの法則

では実際のチャート上で、グランビルの法則を使った例を見ていきましょう。下のチャートをご覧ください。

グランビルの法則チャート

移動平均線が上昇しているところに、ローソク足が上から下へと割り込んで、陽線が出たもしくは陰線のままでも長い下髭が出たらエントリーのサインです。この緑の部分が「買いポイント②」の形です。

そのあと移動平均線を上にブレイクし、オレンジの部分で移動平均線に向かって下落するもクロスはせずに再び上昇しておりトレンドの継続を暗示している為、追加のエントリーをします。これが押し目買いの「買いポイント③」の形です。

このあと移動平均線は横ばいになり、ローソク足が上から下にブレイクしている赤い部分で利益確定をします。これが「売りポイント①」の形です。

また、移動平均線とローソク足がどれほど乖離したら利益確定するかをあらかじめ決めておき、そこに達したら利益確定をするようにします。これが「売りポイント④」で利益確定をする場合です。

乖離率

まとめ

いかがでしたか。グランビルの法則についてご理解いただけましたでしょうか。グランビルの法則は相場の本質であるプライスアクションを基軸に考えられており、時代が変わっても相場の本質は変わらないので最強の売買ポイントと言えます。

しかし、相場に絶対はありません。グランビルの法則に当てはまらないことも当然起こります。その際にはきちんと損切りをする事が重要です。法則が崩れたら必ずそのタイミングで損益確定を行うようにしましょう。

グランビルの法則で利益を出すには、法則に従ってチャートがどのようなシナリオで進んでいくのか、しっかりとイメージを持つことが大事です。そうすることによって、損益確定のタイミングもきちんと見極めることができるでしょう。